派遣社員の確定申告って必要!?徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

派遣で働く皆さんは確定申告について、「私は具体的に何をすればいいのだろう…」と疑問に思ったことはありませんか?

確定申告の理解を深めたうえで、納税について適切な準備と対応を心がけましょう。

 

派遣社員を含め、正社員やアルバイトなどの全ての雇用形態で働く方たちは、所得に伴い納税する義務があります。当然ですが、納税は国民の義務です。

確定申告については、派遣社員1人1人の立場や環境によってやり方が違ってきますので、理解しておく必要があります。

今回は確定申告について、派遣社員が知っておくべき内容をわかりやすく解説します。

 

損をしないための納税知識!

 「確定申告」
納税に関する言葉ですが、皆さんの多くは、一度は聞いたことがあるワードですよね。

いつも年明け~2月前後に、よく聞くのではないでしょうか? 

そもそも確定申告って何だろう…


確定申告とよく聞くけど、一体何のことかさっぱりという方もいるでしょう。まずは、その確定申告について本質を理解することからスタートします。 

確定申告とは
一年間(1月1日~12月31日)の間に生じた所得に対する所得税額を計算し、源泉徴収(給与等の支払者(会社)が、それらを支払う際に所得税などの税金を差し引いて、国などに納付すること)された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことです。

毎月働いた分の給料ってまるまるもらえませんよね?
所得税などの税金が引かれた額(手取り額)があなたの手元にいくはずです。「何でいっつもこんなに引かれなきゃいけないの!」と思った方もたくさんいるかと思います。 

これまで税金として払ったお金が、あなたの手元に戻ってきたら嬉しくないですか?
確定申告により、それが実現するかもしれません! 

何でそうなるの?と思った方もいるかと思います。
実は、毎月引かれている所得税はアバウトに計算されているからです。 

「去年の一年間の所得を参考にして、単純に12ヶ月で割った所得税を今年は納めてくださいね。」といったイメージです。ですので、一年間に働いた実績(所得)が確定した後に申告することにより、払い過ぎている場合はお金が返ってきます。

 

派遣会社

 

その反面、不足しているとなればお金を支払うことが必要になります。
ちなみに、確定申告により払い過ぎたお金が戻ってくることを「還付金」といいますので、覚えておいてくださいね。

 

確定申告をしないと無駄な税金を支払っている恐れがあるため、損をしないためにもしっかりと理解しておきましょう。

業界人

毎月払っている所得税ってアバウトに決められているんですね!?
払い過ぎたお金は返してほしいです。

業界人

派遣社員は確定申告のことを理解しておくべきじゃ。
理解しておいて損はないぞ!

 

確定申告が不要な派遣社員とは?

 

「じゃあ、派遣社員の全員が確定申告しないといけないね!」と思われた方もいるでしょう。

実は、確定申告をしなくても自動的にお金が戻ってくる仕組があるのです。

 

それは、あなたの代わりに派遣会社が払い過ぎたお金を取り戻してくれるからです。
すごい便利ですよね?余計な手続きはいらないわけですから。

派遣社員と雇用契約を結んでいる派遣会社は、年末調整という形であなたの一年間の確定した所得を国に申請してくれるのです。申請後、3月頃に給料に反映されますので給料明細を確認してみてください。「あれ、いつもより少し多いな。」と思うかもしれませんので。 

ただし、それにはルールがあります!
なんとなくわかったかと思いますが、一年間の最後の月、すなわち12月に雇用契約を結んでいる派遣社員だけが対象となるのです。

仮に、1月~11月に働いた実績(所得)がなくても、12月に働いた実績(所得)さえあれば、確定申告をする必要はないのです。その理由として、12月の所得をもって初めて一年間の総所得額になるからです。

業界人

12月時点で派遣会社と雇用契約があれば楽ですね。今までそんなこと考えたことありませんでした。

業界人

派遣会社は派遣社員の雇用主であるため、従業員の年末調整をしてくれます。皆さんにとって、便利な仕組です。

 

 

確定申告が必要な派遣社員とは?

では次に、確定申告が必要な派遣社員とはどのような方たちだと思いますか? 

答えは、先ほどの逆で、12月時点で派遣会社と雇用契約を結んでいない派遣社員です。
11月に派遣会社との雇用契約が満了し、12月時点で雇用契約がなければ、あなた自身で確定申告をしなくてはいけません。 

ですので、1月~11月まで派遣社員として働いた実績(所得)があったとしても、派遣会社は面倒をみてくれません。確定申告をする場合には、2月~3月の間にあなた自身が税務署に出向く必要があるので注意してくださいね。 

「税務署…」って気難しい名前だけで、確定申告をすることに躊躇する必要はありません。以外といえば失礼ですが、案外初心者向けにわかりやすく説明してもらえますので、安心してください。

 

派遣会社

 

ここでもう一つ大切なことがあるので覚えておきましょう。
所得に対する税金の過不足分は派遣会社が対応してくれますが、所得以外の税金控除については、あなた自身で確定申告をする必要があるので注意してくださいね。

 

例えば、一年間の医療費合計額が10万円以上の場合(医療控除)や住宅ローンを借り入れた一年目の場合(住宅借入金等特別控除)などです。面倒くさいから医療控除は受けなくてもいいといった方は、確定申告をする必要はありません。

 

業界人

11月末で雇用契約が満了していますので、税務署で確定申告をしたいと思います。

業界人

税務署ではわかりやすく教えてもらえますので、安心してくださいね。

 

 

派遣社員によって異なる確定申告!

派遣社員のみなさんそれぞれの状況によって、確定申告必要かどうかが変わってきます。

ケースごとに説明していきましょう! 

複数の派遣会社で働いていた場合はどうするの?

 一年間(1月1日~12月31日)の間に、複数の派遣会社で雇用契約を結んでいた場合は、派遣社員のあなた自身が取り寄せないといけないものがあります。

 

それが、「源泉徴収票」といわれるものです。

 

一度は聞いたこともあるかと思いますが、その 源泉徴収票が無ければ、12月時点で雇用契約のある派遣会社で年末調整を受けることができなくなります。 

もう少しわかりやすく例を使って解説します。 

例えば、派遣社員aさんは、1月1日~3月31日まで派遣会社Aで働き、次に4月1日~8月31日まで派遣会社Bで働き、最後に9月1日~12月31日まで派遣会社Cで働いた場合、派遣会社AとBから源泉徴収票をもらわなければならないといったイメージです。

その派遣会社AとBからもらった源泉徴収票を派遣会社Cに提出するのです。

 

派遣社員aさんの場合
派遣会社A
(1月1日~3月31日)
派遣会社B
(4月1日~8月31日)
派遣会社C
(9月1日~12月31日)
源泉徴収票をもらう 源泉徴収票をもらう A・Bの源泉徴収票を提出し、
年末調整を受ける


中には、親切に源泉徴収票を送付してくれる派遣会社もあるかもしれませんが、年末の時期に焦らないためにも、以前働いていた派遣会社に連絡しておきましょう。 

このように、複数の派遣会社に連絡し、源泉徴収票を取り寄せる必要があるのです。

業界人

辞めた派遣会社に源泉徴収票をもらわないといけないんですね!
念のため以前の派遣会社に連絡してみます。

業界人

派遣社員の皆さんは、年度途中で派遣会社が変わった場合は注意してくださいね。

 

派遣会社によって違いはあるの?

これまでずっと「12月時点で雇用契約のある派遣会社」と解説してきましたが、実は、
派遣会社によって違いがあるのです。 

「いまさら…」と思われた方には、申し訳ありません。 

例えば、某大手派遣会社では、12月から雇用契約が発生した場合でも、年末調整の対象外となってしまうのです。その会社では、遅くとも11月から働いた実績(所得)がある派遣社員のみが対象とされています。 

もっというと派遣会社の中には、11月や12月だろうが関係なく年末調整をしてくれない派遣会社もあります。 

派遣会社に登録する際に、確認しておくことをおすすめします。

業界人

ほとんどの派遣会社では「12月時点」ですが、派遣会社によって仕組が違いますので事前に確認しておきましょう。

 

 

まとめ

難しいイメージが先行する確定申告ですが、仕組を理解すれば面倒くさがる必要はありません。 

これから派遣社員として働く方や現在派遣社員として働いている方を含めて、確定申告について理解を深めておきましょう。 

また、派遣会社や仕事の状況により、確定申告が必要な方と不要な方に分かれますので、あなた自身がどう当てはまるのかを把握してくださいね。

業界人

確定申告について面倒くさそうな印象がなくなりました!
理解することは大切ですね。

業界人

派遣社員に問わず、確定申告について理解しておいて損はないかと思います。

業界人

年末調整もちゃんとしてくれるのは大手!
オススメ派遣会社はコチラじゃ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP