派遣社員って副業アリ?ナシ?派遣会社の本音を教えちゃいます!

派遣社員って副業アリ?ナシ?派遣会社の本音を教えちゃいます!

派遣社員の皆さんは、『副業』について検討したことや、具体的に何をすればいいんだろう…と思ったことはありませんか?

普段は派遣で働いているものの、
空いた時間を有効活用するために、何か仕事はできないかなぁ」
派遣だけの収入だけだと少し足りないから、もっと稼げないかなぁ」
などと思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな派遣社員の副業に関する疑問や、副業を始める手順などを中心に解説します。「本業は派遣で、副業をしたい」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。  

派遣社員として働いていますが、副業について考えたことはあります。

いまいち何からすれば良いのかわからないので、この機会に理解しておきたいと思います。
派遣社員の中には、副業について検討している方が多いかもしれませんね。

副業を始める前に、しっかりと手順などを理解しておきましょう。

目次

副業を始めるその前に!その1

派遣女性

 副業を始めるにあたり、事前に確認しておかないといけないことがあります。

「派遣社員だから大丈夫なんじゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、派遣社員にもきちんとルールがあるのです。 

雇用主である派遣会社のルールにのっとり、副業をする必要があるというわけじゃ。

派遣会社の就業規則を確認してみよう

派遣社員の雇用主は派遣会社です。派遣先企業はあくまでも勤務先であり、そこには雇用関係は存在しません。

つまり、派遣会社の『就業規則』に従う必要があるということです!

就業規則に『副業禁止の項目』がなければ、副業が可能です。インターネットなどで派遣会社の就業規則を探し出すことができない場合は、あなたと派遣会社の間で締結している「個別契約書」を確認してみましょう。 

派遣先がOKだからといって、勝手に副業してはいけないんですね。

派遣先に迷惑をかけなければOKかと思ってました!
派遣社員の皆さんは、派遣会社の就業規則に従う義務があります。

派遣会社がダメといえば、副業はできません。

  

副業禁止は拘束力がある?

副業は法律で禁止されているわけではありませんが(職業選択の自由)、派遣会社で働く上で「副業禁止」を明記している派遣会社で働くときは、「本業の派遣のみ(副業禁止)」を守る必要があります。

大手派遣会社をはじめとする大多数の派遣会社では、副業を認可しています。副業禁止の就業規則をもった派遣会社は、ごくわずかのようです。

初めて雇用関係を締結する派遣会社の場合は、念のために就業規則の副業禁止の項目について確認しておきましょう。 

大多数の派遣会社は副業を認めているんですね。

ちょっと安心しました!
派遣社員を本業としている方は、比較的副業を始めやすいというわけです。

大手派遣会社ではスタッフサービスが「副業禁止」となっていますが、他では特に禁止事項を設けていない派遣会社がほとんどです。

 

副業を始めるその前に!その2

派遣女性

 ほとんどの派遣社員は、副業が可能であることはわかりましたね。

次に、代表的な副業の仕事や派遣会社への相談の有無について、話を進めましょう。 

派遣社員が副業するには、派遣会社と派遣先に迷惑をかけないことが大切じゃ。

副業ってどんな仕事があるんだろう…

副業を始めるにあたり、あくまでも本業の派遣に支障をきたさないことが大前提です!

いくら副業が禁止されていないとはいえ、派遣(本業)の解雇条件として『勤怠不良』により職を失うケースもあります。他の仕事をしていて、派遣(本業)の仕事を休んだり遅刻が続いたりするようであれば、解雇されてもおかしくありません。

無理なく働くことができる副業を探す必要があるということです。 

【融通がきく仕事を選ぶ】

例えば、接客や工場などのシフト制のアルバイトをする場合は、事前に本業の仕事がある旨を伝えておきましょう。

その条件を基に採用されれば、「もう少しアルバイト出勤日数や勤務時間を増やせないか?」といったことはなくなります。あなたの条件さえ了承してもらえていれば、あなたのペースで働くことができるからです。 

【在宅でできる仕事を選ぶ】

外で働く仕事だけが副業とは限りません。在宅でできる仕事もあるので、本業には支障なく働ける可能性は高くなります。

最近では、クラウドソーシングなどインターネットを利用した不特定多数の方向けの仕事があります。データ入力やブログの更新作業、コラムの執筆など、幅広く仕事があります。

全てパソコンやスマートフォンなどで対応できる仕事ですので、比較的簡単に始められるでしょう。

その他にも、DM発送業務など在宅でできる仕事はありますので、あなたがやりやすい仕事を選んでください。 

【単発の仕事を選ぶ】

求人誌などで募集されている単発の仕事もおすすめです。工場での箱詰め作業やイベントスタッフなど、日常的に募集がかけられています。

単発といっても、「1日からOK」などの求人が副業向けといえますので、求人誌やインターネットなどで確認してみましょう。 

派遣社員の皆さんは、就業スタイルによって副業の選び方が変わってくるでしょう。
私の働き方に合わせて働ける副業を探してみたいと思います!

  

派遣会社に相談するべき?

副業をする場合、本業の派遣会社に相談することをおすすめします。

ほとんどの派遣会社では副業を禁止としていないため、あえて隠しておく必要はありません。派遣会社は本業に支障がなければ、副業を了承してくれるはずです。

ただし、場合によっては営業担当者などから嫌な顔をされるかもしれません。本音は「できれば副業はやめてほしい」と思われるかもしれないからです。

そういうときは、きちんと理由を伝えましょう。

「派遣のお仕事の収入だけでは金銭的に苦しいので、週1日だけアルバイトをしたいです。今の派遣のお仕事は引き続き頑張ります!」と伝えれば、理解してくれるはずです。

派遣会社の営業担当者も、「金銭的な問題で派遣の仕事を辞めたい」と言われるよりはよいでしょう。

「何らかの都合で、あとで派遣会社にバレて本業に支障が出てしまった」など、トラブル後に副業が発覚するより、派遣会社に事前に相談しておくほうが、本業も副業も安心して働けます。 

副業って少し後ろめたいものなのかなぁと思ってました…
事前に派遣会社へ伝えておけば、副業がしやすくなりいますよ。

   

まとめ

派遣女性

 派遣社員として働きながら副業をするなら、まずは派遣会社の就業規則を確認してください。そのうえで副業を探すと、自分にマッチした仕事があるはずです。

一般的には副業禁止の派遣会社は少ないため、本業に支障が出なければ副業は大丈夫なはずです。

ただし、いつの間にか副業が本業化していた…ということがないように、『ワーク・ライフ・バランス』を意識することが大切です! 

本業に支障がでないためにも、しっかりと副業について考えたいと思います!
あなたのペースに合わせて働くことができる副業を選びましょう。

副業が中心にならないようにする必要があるということです。

 

この記事をシェアする

PAGE TOP