40代派遣で働く厳しい現実と4つの対策

40代派遣で働く厳しい現実と4つの対策

35歳を超えると「年齢の壁」があってなかなか派遣の仕事に就けないと感じている方もいるのではないでしょうか。現在、派遣法的に企業が派遣会社に依頼をする時に年齢の制限をすることを禁止しています。

ですから表向きは誰でも応募できる形を取っておりますが、実際に応募すると職場見学に行く前に落とされてしまうことも多々あります。30代後半の方でも感じることでもあるので、40代に入って派遣の働き方を希望している方には更に厳しい現実が待っています。

40代になると派遣会社からの仕事紹介の量も少なることがあり得ますし、全ての派遣会社ではありませんが、見合ったスキルがないと判断されたら登録さえできないで断られるケースもあります。

では実際、派遣会社の営業マンは40代の登録をどう思っているのでしょうか?  

目次

派遣で働く40代の厳しい現実…

30代の頃は、20代の頃の職務経歴が評価されて派遣会社からの仕事紹介が頻繁にあり、困ったことがなかったといった方もいます。

40代に入ったとたん、派遣会社からの仕事紹介が少なくなり、これまでと違って派遣の仕事ができないことが多くなり、厳しい現実に直面するといったケースは多々あります。

「自分はしっかりとした職務経歴とスキルがあるから、これから先も安心!」と軽く考えてしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。

「しっかりとした経験がある分、40代のうちはまたまだ若い子には負けないわ。」と自信だけが先行している派遣社員より、何のキャリアもない代わりに、新鮮でこれから活躍できるであろう20代の派遣社員に期待してしまう現実が派遣業界にはあるということです。

年齢を重ねるにつれて、求人に対する派遣会社の人選や派遣先での職場見学は厳しくなってしまうということです。

では実際、派遣会社の営業マンや40代の派遣社員、派遣先企業は40代の派遣登録をどう思っているのでしょうか?

派遣会社(営業マン)ホンネ

派遣会社(営業マン)のホンネ
「40代は紹介しにくいんだよな~。うちだけにお願いしている仕事ならいいけど、この案件は他社との競合で他の派遣会社のスタッフと戦わなくちゃいけないから、もっと若いスタッフで勝負をしよう」

読んでいる方が気を悪くさせてしまったらすみません。でも現実に起こっていることで競合になっていた場合、派遣スタッフを紹介できるのはせいぜい1~2人です。

ここで競合に勝たなければ売り上げはゼロですから何としてでも自分の会社の派遣スタッフで決めたいので、より若く、より優秀で、より派遣先にマッチした人材を選びます。

派遣先からの案件に対してミスマッチした人材を紹介することは、派遣先からの信用問題につながります。派遣先からの期待に応えることが派遣会社の営業数字に直結するということです。

ただし、営業マンも人選で苦戦すると想定される案件については、事前に派遣先に対して幅広い年齢層の中から人選をしたほうが派遣先にとってメリットがあるなどの提案をもちかけ営業努力をしている現状があります。 

40代の派遣社員のホンネ

「歳を重ねるにつれて、なかなか仕事が見つからない現実にぶつかっています。」といった理由で派遣会社に登録する派遣社員はたくさんいます。「派遣ならすぐに仕事が見つかるでしょ。」といったイメージがあるからです。

しかし、現実は簡単ではありません。
派遣会社に登録したものの、仕事紹介が少なく、結局自分でも仕事を探さざるをえない壁にぶつかってしまうということです。

壁にぶつかった場合には、登録した派遣会社が悪かったと仕事紹介が少ない理由を派遣会社のせいにしてしまう方はたくさんいますし、そのような方ほど、派遣会社を転々と登録し続けてしまうということです。

もしくは、「これまでの職務経歴やスキル不足によって仕事紹介が少ないのかなぁ。」などと仕事紹介が少ない理由を考えがちですが、そうとも限りません。

中には、バリバリのキャリアウーマンの職務経歴や多くの資格をもっているにもかかわらず、仕事にありつけない方だっています。それだけ年を重ねるにつれて、仕事紹介が少なくなってしまうということです。

派遣先企業のホンネ

派遣先企業のホンネ
「指揮命令者が34歳だから、それよりも年齢が上だと指導しにくいって言っていたからできるだけ現場の声を吸い上げて派遣スタッフを採用しないとあとから苦情がでるから34歳以下必須で探そう!それに40過ぎると考え方も固くなっているから職場に合わないとか言ってすぐに辞められても困るから柔軟性のある若い人で…」

指揮命令者よりも年齢が高いスタッフを採用すると、教育しづらいから避ける傾向にあります。

私自身が派遣の営業マンだった時も、採用担当者は専門性の高い仕事以外は、スキルよりも年齢を重視していましたし、多少スキルが劣っていても若い派遣スタッフで決定することは珍しい話ではありません。

これが40代になると仕事を紹介されにくくなる理由です。厳しい言い方かもしれませんが、これは紛れもない事実ですから受け止めるしかありません。では、どうしたら40代でも派遣の仕事に就きやすくなるのでしょうか?

 

40代でも紹介されやすくする4つのポイント

派遣

専門性のあるスキルを身につける

当たり前の話ですが、専門性のスキルを身に着けていれば年齢が何歳であろうと採用されます。

簿記や宅建などの何かの資格を持っていることも一つですが、5年間営業のアシスタントをやっていたとかコールセンターでリーダー的立場まで上り詰めたなど、形とした資格が無くても長けていることがあれば十分に勝負ができる武器になります。

40代の派遣社員に求められるのは、経験や資格、そして信頼です。いくら資格さえもっていたとしても、未経験のままだと意味がありません。

ただ、資格を持っていても実戦経験が無いと採用されにくいのでできるだけ早い段階で実践的なお仕事をしておくことをオススメします。

40代に入ってからではなく、できるだけ若いうちから将来のことを考えて、資格や経験を積み、40代に備えて事前準備をしておきましょう。

40代になると派遣先で働く同僚や上司が自分より年下といったケースが多くなってまいます。派遣会社や派遣先は、「周りは年下ばかりだけど大丈夫かなぁ。」とどうしても年齢のことを心配してしまいます。

しかし、年齢のこと以上に大切なことは、派遣会社との信頼関係です。長期間派遣社員として就業してもらっている実績や派遣先からの高い評価などを通じて派遣会社と派遣社員との間に強い信頼関係があれば、派遣会社は自信をもって新しい派遣先にあなたを紹介してくれるということです。

その信頼関係を築くことによって、派遣会社が安心して仕事紹介ができる派遣社員となるということです。

希望条件を緩和する

派遣でお仕事を始める時にいろいろな条件を設定できます。時給、ドアtoドアの時間、残業の有無、仕事内容などなど…もし、希望の条件でぎっちり固めているのであれば派遣会社のコーディネーターに相談をしてどの条件を緩和すれば仕事が紹介されやすくなるかを確認してください。

希望条件を緩和することによって、派遣会社からは融通が効くユーティリティな派遣社員として認識されるため、新しい可能性と共に、仕事の幅が広くなるということです。仕事の幅が広がることであなたにとってマイナスになることはありませんので、安心してくださいね。

仕事が見つかりにくい派遣社員は、40代の派遣社員の問題だけではありません。20代の派遣社員も同様に、希望条件を緩和しないと仕事が見つからないことだって多々あるのです。

「希望条件を緩和する」とは、直面している現実に目を背けないという意味でもあります。その現実とうまく付き合い、仕事が紹介されやすくなうようにする必要があるということです。 

希望条件を変更する

仮に、30代前半などで派遣登録をしている方の場合、当時の仕事に対する希望条件と比較してみると、現在のあなたの希望条件は変わっている可能性があります。

派遣会社のコーディネーターに相談の上、30代で経験したことを活かし、希望条件を変更してみてもよいでしょう。

希望条件は経験や年齢を重ねることで、その都度変わっていくものです。経験を積んだことにより、さらに高度な仕事を希望できますし、もっと簡単な仕事も対応できるようになっているものです。

希望条件を変更することで、仕事が見つかりやすくなるということです。その点は、人材のプロである派遣会社のコーディネーターならしっかりと理解してくれるため、安心してくださいね。

人気のない職種・規模を狙う

これも条件の一つですが、働く会社の規模は大きいが人気があり、綺麗でお洒落なオフィスで働いてみたいと誰もが思うはずです。

でも実際は中小企業からの依頼も多く、採用に苦戦している会社も多い為に会社の規模を条件にいれなければ紹介されやすくなります

もう一点、入れ替わりの激しい仕事はエントリーしやすく決まりやすい傾向にあります。代表的な仕事で言うとコールセンターや土日休みではない仕事です。

コールセンターは人気がさほど高くなく、比較的幅広い年齢層から採用しており、土日休みではないお仕事も人気が落ちるので狙い目です。

20代や30代の時と違って、子供が大きくなり時間の融通や土日も働くことができる環境に変わったなど、40代は40代なりの昔と違った環境になっていることも多々あります。

その利点を活かし、今の環境に適合できる求人、言い換えると人気のない求人を狙ってみてもよいでしょう。 

人気のない勤務地を狙う

どうしても、派遣の仕事はオフィス街に集中してしまいます。大都市圏なら特にその傾向が強くなります。

交通の便が良く駅近の勤務地の求人は、派遣登録者からのエントリーが集中する人気求人です。その反面、交通の便が悪く駅から遠い求人には、エントリーが少なく人が集まらないといった傾向になります。

時給は高いけど、郊外ってことだけで避けられている求人もあるため、希望勤務地の幅を広げることで、急に仕事が見つかることだってあるということです。

派遣会社と仲良くなる

小手先のテクニックだと思われがちですが、元派遣業界人としては一番オススメするポイントです。要は、営業マンと信頼関係を築いて、働きたい会社にアピールをしてもらうということです。

採用する側も人間ですから、付き合いの長い営業マンがオススメをする派遣スタッフだと邪気には扱えませんし、営業マンが持っているスキルに加えてその人が持っている魅力なども一緒に伝えてくれますから非常に有利になります。

仮に一社目が駄目でも営業マンと仲が良ければ、すぐに他の仕事を探してくれますし、決まりやすくする為のアドバイスをくれるケースもあります。ですから派遣会社内に味方をつけることはとっても重要になってきます。

既に働いている方は、営業マンとの信頼関係を築けるように、まだ働いていない方はコーディネーターなどの派遣会社の中で接点がある人に “仕事に就きたい”アピールをして積極的に仕事を探していると印象付けるようにして下さい。きっと次の仕事が見つかりやすくなります。

営業マンは仲良くなった派遣社員のために、営業マン単独で積極的に仕事探しをしてくれるだけではないのです。

実は、同じ派遣会社内で良い人材を探している別のオフィスから、「誰か信頼できる派遣社員知りませんか?」などもいった電話や相談がくるケースが多々あります。

そのような場合、「ちょうど、今月末で派遣先を辞める派遣社員がいます。とても派遣先からの評価も高く、人物的にも信頼できる方で、おすすめしますがどうでしょう?」などと売り込むことをするのです。

同じ派遣会社内ですから、評価の低い派遣社員を推薦することはありません。同じ派遣会社の営業マンから推薦された派遣社員は、信頼できる派遣社員と認識されていますので。

つまり、営業マンだけでなく、派遣会社全体で仕事探しをしてもらえるため、仕事紹介を受ける可能性がグッと上がるということです!

派遣会社の立場的にも、別の派遣会社にあなたを取られたくありません。積極的に仕事を探してもらえるためにも、仲良くなり信頼関係を派遣会社と構築することは重要になるということです。

 

無理だと思わず積極的な行動を!!

40代になると派遣の仕事が紹介されにくくなるというのは当たり前のことです。派遣会社から仕事が紹介されない、エントリーしても話が進まないとなった時に感情的にならずに
何が原因で紹介されていないのかを冷静に分析して下さい。

どうせ無理でしょう?と受け身になったら何も変わりません。言われたことをやるだけの派遣スタッフは年齢を重ねるたびに、扱いにくいだけの人と思われてしまいます。

上記に挙げたように工夫できる点はたくさんありますし、40代になってしまったからといって派遣での仕事ができなくなったわけでもありません

ですから今の自分に何ができるかもう一度振り返ってみてどう行動すれば仕事に就けるかきちんと考えて下さい。何も考えないで毎日を過ごしていると、「年齢の壁」はますます高くなっていきます。

その「年齢の壁」はあなただけにあるものではありません。皆さん一緒の壁があり、その壁に対して各々が自分のカラーや特徴を活かし仕事をしたりして、壁を乗り越えているのです。待っているだけだと壁は低くりません。

「年齢の壁」とうまく付き合うためにも、40代の方なら今できること、30代の方なら将来に向けて今できることは何なのかを改めて考えてみてください。そして、その考えを行動に移すことが大切になるということです。

★ 業界人がオススメする派遣会社 ★★ オススメ派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社

この記事をシェアする

PAGE TOP