スタッフサービスのスキルチェックの内容は?点数で不採用あり?豊富なスキルアップ支援まで解説!

スタッフサービスのスキルチェックの内容は?点数で不採用あり?豊富なスキルアップ支援まで解説!の画像

最終更新日:2019/04/16

人材派遣業の歴史が長く実績と信頼のあるスタッフサービスでは、登録者に対しスキルチェックを行っています。
これから登録を考えている場合、中には「スキルチェックで落とされたらどうしよう?」と不安を覚える人もいるでしょう。
しかし、事前にスタッフサービスのスキルチェック内容やレベルを知っておけば、当日慌てたり必要以上に緊張したりすることなく、落ち着いて受けることができるはずです。

そこで今回はスタッフサービスのスキルチェックについて、行う理由や内容、スキルアップのコツなどをご説明します。

目次[開く]

1.スタッフサービスでスキルチェックを行う理由とは?

スタッフサービスで行うスキルチェックは、キルの低い人を落とすために行っているわけではありません
スタッフサービスなどの派遣会社が登録時にスキルチェックを行うのは、一人ひとりの能力を把握して、紹介する案件のマッチング率を高めるためです。そのため、スキルチェックのスコアが低くてもきちんと登録できますし、スキルチェックを受けることで自分のレベルにあった仕事を紹介してもらえます。

2.スタッフサービスで行うスキルチェック内容

スキルチェックはすべての派遣会社で行っているわけではありません。中小規模の派遣会社や日払い派遣などでは、スキルチェックを行わないところも多いのです。
また、スキルチェックは派遣会社によってその内容が異なります。スタッフサービスに登録した人たちの話をまとめてみると、
スタッフサービスでのスキルチェックはPCの文字入力とWord・Excelの知識や操作に関する確認となっているようです。

PCの入力チェックは、簡単な文字のタイピングチェックと数字の入力を行います。一般的に文字入力は日本語入力となりますが、英語を使う職場を希望していたり、英語スキルがあったりする場合は英文入力もあります。タイピングテストでは入力の速さと正確さを確認します。WordとExcelに関してはそれぞれ10問前後で、時間が約7~10分ほどと時間制限が設けられています。こちらは使用経験や知識のある人を対象にしていることが多く、ソフトを使用する上での基本的な知識が問われます。

 

3.スタッフサービスは登録会でスキルチェックを行う

スキルチェックはいつ行うのか、不安になる人もいることでしょう。スタッフサービスでは、登録会に参加したときにスキルチェックを行います。
登録会に参加するには、まずスタッフサービスのHPから参加予約を行いましょう。当日の流れは以下のとおりです。

3-1.登録情報の記載

当日スタッフサービスの登録会場に到着すると、個別ブースに通されます。そして、予約時に登録していない情報があれば、その不足している情報をPCで登録します。個人情報やスキル・資格・職務経歴のほか、希望する職業や勤務条件を漏れや間違いがないよう入力しましょう。

 

3-2.派遣についての知識や情報管理者研修を行う

そのままPC上で派遣のシステムについての文章を読み、さらにその後、「情報管理研修」をPCで行います。研修終了後に、「マイページ」を作成し、ここでようやくスタッフと面談に入ります。

情報管理者研修とは?

「情報管理者研修」とは簡単にいうと、「業務上の個人情報や企業情報の取り扱い」についての研修です。主に、次のような内容について教えてもらいます。

・派遣先で業務上知りえた個人情報などの遵守

・帳票や書類の整理整頓や廃棄・保管・持ち出しについて

・PCなどの端末やFAXなどの取り扱い

・業務上知りえた情報を外部に口外しない、流用の禁止

・派遣先で取り扱っている情報漏洩に関する注意など

  

3-3.スタッフサービスの流れを聞き、情報の確認を行う

担当スタッフが、個人情報の利用目的とスタッフサービスでの取り扱いについて説明します。その後、事前に入力した職務経歴やスキルなどの確認を行います。

3-4.スキルチェックの実施

そのまま個別ブースで、PCの入力に関するスキルチェックを行います。比較的簡単な問題が多く、短時間で行われます。

3-5.登録完了

スキルチェックが終わったら、職務経歴や資格、プロフィールなどとスキルチェックの結果をもとに、カウンセリングを行い登録完了となります。

  

4.できないことは「できない」とはっきり言おう

派遣は、自分の職務経歴やスキル・経験によって紹介される仕事の内容やレベルが異なります。できない」というと仕事を紹介されないかと不安に思うかもしれません。しかし、事実をきちんと伝えないと、業務開始後のトラブルにつながる可能性があります

スタッフサービスの担当者に迷惑がかかるだけでなく、派遣先企業もできるという認識でいるため、仕事に支障が出てきます。また、自分の経歴やスキルを偽ったことが発覚した場合は、その後は仕事を紹介してもらえない、登録抹消といったことにもなりかねません。

きちんと自分のスキルや職務経歴にあった仕事を紹介してもらい、経験を積んでいくことで、紹介してもらう仕事のレベルが上がっていきます。面談やカウンセリングのときは、できないことはきちんとできないと言う勇気を持ちましょう。

  

5.スタッフサービスのスキルアップ支援を利用しよう!

これといった資格やスキル・職務経歴がない、所有しているスキルが低い・経験が浅いという人は、その後の仕事紹介に不安を覚えるかもしれません。その場合は、スタッフサービスの「スキルアップ支援制度」を上手に活用しましょう!

スタッフサービスでは、登録者に対して仕事の紹介だけを行っているのではありません。登録者がよりレベルの高い仕事ができるよう、スキルアップ支援にも力を入れています。
希望している仕事に対して自分のスキルが低い場合のほか、キャリアアップやスキルアップを考えている人でも利用できる制度です。カウンセリング時に担当者とよく話し合い、不足しているスキルや資格を取得してから希望の仕事を探したり、派遣先で仕事をしながらスキルアップに向けた勉強をしたりするのもよいでしょう。

5-1.ビジネススクールがある

スタッフサービスでは、OAや職種別で仕事に必要な基本的スキルを身につけたり、ビジネスマナーを学べたりするスクールを用意しています。

5-2.e-ラー二ングあり!

ビジネススキルやOAスキルなどは、PCやスマホを利用する”e-ラーニング”で勉強することも可能です。自宅で好きな時間に勉強するだけでなく、外出中のちょっとした隙間時間などにも学べます。

5-3.専門知識が必要な場合は提携スクールを利用しよう

ビジネスマナーや基本的なスキルだけでなく、資格や語学勉強・OAやその他の分野のより深い勉強をしたいのであれば、スタッフサービスと提携しているスクールで勉強することができます。スタッフサービス独自のビジネススクールで希望するものがない場合は、提携スクールの利用も考えてみましょう。

5-4.証券外務員養成プログラムがある

スタッフサービスでは派遣会社にしては珍しく「証券外務員養成プログラム」を用意しています。証券外務員に必要な資格取得の勉強だけでなく、就業までサポートしているので、「資格がないけど証券会社で働きたい」「これから資格を取りたい」という人におすすめです。

5-5.TOEIC IPテストを行っている

外資系や海外に拠点のある企業で勤務したり、貿易事務などの仕事に就くには英語能力が欠かせません。スタッフサービスでは就業中の人に対し、TOEIC IPテストを行っています。実際に仕事で英語を使っているけれど、自分の語学能力がどの程度なのか知りたいという人はチャレンジしてみましょう。

5-6.ビジネスレスキューを上手に利用しよう

スタッフサービスでは、ビジネスマナーやOAの知識を確認することのできる「ビジネスレスキュー」も開設しています。勤務している職場や地域ならではのビジネスマナーなどもあるので、就業前に自分の知識をビジネスレスキューで確認してみるのもよいでしょう。

  

6.まとめ

人材派遣業者としての歴史が古く実績・信頼のあるスタッフサービスでは、登録する人の持っているPCスキルを確認するために、登録会でスキルチェックを行っています。
スキルチェックといっても、簡単な文字入力や、Word・Excelの基礎知識を確認するレベルで、問題数も少ないためあっという間に終わります。スキルチェックのレベルが低くても登録できますし、仕事も紹介してもらえるので安心してください。

スキルや職務経歴などは仕事を紹介してもらうために重要なポイントですが、できないことを「できる」と偽ったり、経歴やスキルをごまかしたりすると、登録取り消しなどになってしまうので、絶対にやめましょう。

スキルアップを目指すなら、スタッフサービスのスキルアップ支援制度を利用するのもひとつの方法です。自分のスキルにあった仕事を紹介してもらい、スキルアップ支援制度上手に利用して、よりランクの高い仕事を目指しましょう!



関連キーワード
スタッフサービス
派遣登録
派遣の悩み

あなたにおすすめの派遣記事

登録派遣会社の情報記事一覧ページへ