50代で派遣登録しても紹介されない!?派遣会社の裏事情

50代で派遣登録しても紹介されない!?派遣会社の裏事情

「50代なんですけど、派遣で働けますか?」
「登録しても全然紹介されないんですけど何ででしょう?」


という質問を、当サイトでも多く見かけます。

実際に50代以上の方が派遣会社に登録したら本当に仕事を紹介されるのか…。
本記事では、意外と知られていない”派遣業界の裏側”をお話しましょう(厳しい内容かもしれませんが、現実をご紹介しています)。

まず、一般的な50代が派遣登録したら紹介されるかという点。これは、特別なスキルがなければ紹介されることはほとんどないと考えた方がよいでしょう。

もちろん、職務経歴や募集案件の仕事内容によっては紹介されることはあります。
しかし、20~40代が応募できるような仕事(人気がありそうな仕事)にエントリーしても、書類が通過することはほぼありません。

では、派遣で働きたい50代はどうすればよいのでしょうか?派遣会社側と企業側の考えを交えながら、ご説明します。

 

派遣会社は年齢でバッサリ切り落とす!

仮に50代の人が登録したとき、派遣会社側がどんな反応をするかというと…

ハタラクティブハケンインタビュアー

この人じゃ…紹介できる仕事はいくら経っても出てこないわね。登録会の面談では「ちょっと今はご紹介できる仕事がないので、入ったらご連絡しますね!」といって切り抜けよう。

 

ハタラクティブハケンインタビュアー

う~ん、50代か…。まぁ経歴はある程度しっかりしているけど、派遣先に紹介しづらいから優先度は下げよう。派遣先からの評価もあるし、若い人を優先しよう。

これが現実です。けっして悪意を持って年齢で差別しているわけではなく、派遣会社も売り上げを上げるために、派遣先企業により採用されやすい若い人材を優先させるのです。


ただ、派遣会社側はそういった事情を50代の登録者自身には直接伝えません。
「登録時に1件も仕事を紹介されなかった」というのは、典型的な例です。地域や条件にもよりますが、本来は紹介できる仕事が1件もないということはありえません。50代という年齢の壁のため、紹介できないだけなのです。

登録して1週間以上紹介されないときは、”紹介されない”と割り切る方がよいでしょう

 

派遣先企業は指揮命令者よりも年下を望む

派遣先企業の人事はどんな反応をするかというと…

ハタラクティブハケンインタビュアー

50代かぁ…。指揮命令者より20歳近く年上だな。それはさすがに厳しいから、この派遣会社からの紹介は断って、他の派遣会社からの紹介を待とう。

 

人事はできるだけ現場でもめ事を起こしたくないため、指揮命令者よりも年上の派遣社員を好みません。
通常は一つの仕事に対して複数の派遣会社に派遣を依頼するため、何名か会ってから採用者を決定します。そのため、どうしても若い人が選ばれがちなのです。

 

人気が低い職種や勤務地が郊外の案件は狙い目

50代の人が採用されやすい仕事はないのか?

条件を緩和すると、仕事を紹介される可能性が広がります。例えば、人が集まりづらい職種、通勤しづらいエリア、社員数が少ない会社など、比較的人気が低そうな案件を希望すると多少紹介されやすくなります。

例えば、働く環境がやや厳しいコールセンターや体力を使う工場のライン、清掃業などは、比較的50代でも採用されやすいと言われています。

採用を優先に考えると『登録時にあまり条件をつけないこと』のが大切です。

「通える範囲ならどこでもよいし、どんな仕事でもOKです」というスタンスだと、派遣会社としても紹介しやすくなります。

 

派遣会社からの評価を上げるには短期単発から

50代の人が登録する際にポイントとなるのは「派遣会社の人と仲良くなること」。実はこれ、とても大切です!

派遣会社は派遣先企業に人材を派遣し、そのスタッフが働くことで手数料として収益につながります。登録時に”問題あり”と判断されると、仕事を紹介されにくくなるのです。

一方、年齢がある程度高くても、実績と人望があれば派遣会社との信頼関係が築けます。ですから、派遣会社の社員と仲良く(信頼される)することが大事なのです。

ハタラクティブハケンインタビュアー

○○さんは50代だけど、人当たりがとっても良いから○○商事に合うかも。先方担当者にプッシュしてみよう!!

いくら年齢を重ねていても、人から好かれるタイプ”は仕事を紹介されやすくなります。派遣会社と信頼関係がなく、仕事上の実績もない人は、年齢だけで判断されてしまうのです。

では、どうやって信頼関係を結べばいいのでしょうか?
おすすめは「短期・単発の仕事を積極的に引きうけて、ある程度の評価をもらうこと」です。

実は、短期単発の仕事はあまり人気がなく、派遣会社は毎回のように人集めに苦労しています。

①まず短期単発を積極的に受ける

②派遣会社から「○○さんは積極的に仕事を引き受けてくる」と評価される

③「○○さんは頼れるし、人柄も良いから長期の仕事を紹介しよう」と動いてくれる

このように、仕事紹介へと話が進むことがあるのです。

信頼関係を築ければ、派遣会社の人から好かれるようにすると驚くほど紹介されやすくなります。

 

年齢の壁は理解しておく

本記事でご紹介した内容は、あくまでも一般的な50代が事務のような人気職種を希望したときの例です。

職務経歴がしっかりしており、特定分野に長けている人は、年齢に関わらず仕事は紹介されます。ただ、経験もスキルもない50代の人は、普通に登録しても厳しいという事実は知っておくべきでしょう。

人気職種ばかりに目を向けず、仕事の幅を広げて、ある程度高齢でも採用されやすい職種にも視野に広げるのは必要です。

★ 業界人がオススメする派遣会社 ★★ オススメ派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社

この記事をシェアする

PAGE TOP