スタッフサービスの給料について。給料日・住民税・前払いなど解説

スタッフサービスの給料について。給料日・住民税・前払いなど解説

派遣会社によって毎月の締め日や給料日は異なります。きちんと確認せずにいると、自分が思っていた日に給料が振り込まれておらず、派遣会社とトラブルになることもあります。
締日や給料日、支払い方法などを確認しておくことで、勘違いによる無駄なトラブルを回避することができるでしょう。

今回はスタッフサービスの締日や給料日、支払い方法だけでなく源泉徴収などについても触れていきます。
これから登録を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

目次タイトル

1.スタッフサービスの給料に関する基本情報

給料

正社員で働くにしても、派遣で働くにしても給料日の締日と支払日はきちんと確認しておかなければなりません。

【スタッフサービスの締め日と給料日】

・締日:月末
・給料日:翌25日払い
・支払い方法:銀行振込

※カレンダー上で支払日が土日祝祭日などと重なり、銀行が休みになるときは、前営業日に支払ってもらえます。

末締め・翌25日払いと、スタッフサービスは給料日が遅いと思っている人もいるようですが、支払いを25日に設定しているのは、以下の理由からです。 

・全派遣社員の給料計算を翌月に入ってから行う
・派遣先によって締め日や支払い日が異なるため 

締日から支払いまでの期日が短い場合は、未回収の分を会社が立て替えて社員に給料を支払っています。一般的に企業は売掛分を回収してから支払いを行うため、締日から給料日までの日数が長くなってしまうのです。

1-1.交通費支給はある?

大手派遣会社では交通費支給の求人が少ないですが、スタッフサービスは原則交通費を支給していないため、給料は働いた時間分のみとなります。

1-2.住民税の支払はしてくれる?

正社員や企業に直接雇用されている契約社員の場合、1年以上勤務していると住民税などを給料から控除して支払ってもらえることがあります。
しかし、スタッフサービスでは、残念ながら住民税の控除を行っていないので、自分で納付しなければなりません。

1-3.給与明細はWebで確認可能!

スタッフサービスの給与明細は、HPのマイページから確認することができます。最新の給与明細は、給料が支払われてから3営業日前の10時、前月分を確認することができます。

給与明細は当月だけでなく、過去2年までさかのぼって確認することができ、「Adobe Reader」で表示することで印刷可能です。

2.スタッフサービスの給与明細の見方

スタッフサービスの給与明細は一般企業の明細では見ることのできない「割増」という項目があります。割増には、以下のような項目があります。

【スタッフサービスの給与明細にある割増項目】

・割増1時間

「割増1時間」は法定労働時間である8時間を超えた勤務時間のことで、一般的にいう”残業時間”のことです。

・割増1単価

割増1時間の時給のことで、法律で定められいる通常時給の25%増しの金額になっています。例えば、通常時給1,000円の場合、1,000円×1.25=1,250円が割増1の単価になります。

・割増2時間

割増2時間は、割増1時間の中の深夜時間勤務に就業した時間を指します。深夜時間は法律で22時~翌朝5時と決められていおり、この時間に勤務があった場合に表示されます。
例えば、始業が10:00、業務終了が24時で休憩時間が1時間だった場合、割増2の時間は22~24時までの2時間となります。

・割増2単価

割増2単価は、割増2時間の1時間当たりの時給のことです。深夜時間帯の給与計算は法律で定められており、通常時給の1.5倍の金額になります。
例えば通常の時給が1,000円だった場合、割増2時間の時給は1,000円×1.5=1,500円となります。

3.スタッフサービスは給料の日払い・前払いができるのか

悩む

派遣バイトなどの日払い派遣の場合は派遣先が対応していれば日払い可能だったり、給料の一部を前払いしてくれる場合があります。しかし、スタッフサービスでは給料の日払いや前払いには一切応じていません。

ただ、災害で家をなくしてしまった、急病でお金が必要といような”やむを得ない事情で緊急を要する場合”は、給料の前借が可能なケースがあります。
前借といっても、前回の支払い日以降に働いた分しか借りることはできません。

4.スタッフサービスでは年末調整を行ってもらえる

スタッフサービスでは派遣社員も毎月源泉徴収をしているので、12月に給与支払いがある派遣社員に対し年末調整を行っており、対象となる人へは11月中旬ころに案内しています。
残念ながらスタッフサービスでの年末調整の対象とならない場合には、源泉徴収票を出してもらって自分で確定申告を行わなければなりません。

4-1.源泉徴収票はマイページから発行依頼可能

スタッフサービスはお給料から源泉徴収されています。翌年の1月中旬からマイページにある「源泉徴収票」から金額などを確認することができます。

スタッフサービスでの契約が終了し、他社に就職したり、スタッフサービスでの就業予定がなく当年中に源泉徴収票が必要だったりする場合は、マイページで申請を行いましょう。最終給与支払い日後に、登録している住所宛てに源泉徴収票を郵送してもらえます。

5.まとめ

スタッフサービスは給料の日払いや前払いには対応していませんが、きちんと毎月源泉徴収を行い、年末調整を行ってくれます。
一部に「給料日が遅い」という口コミがありますが、一般企業としてごく普通のスパンで支払いを行っています。

もしも、給料の支払や給与明細で不明瞭な点があれば、きちんと担当営業や問合せ窓口に問い合わせて確認すれば、問題を早期解決できますよ。

この記事をシェアする

PAGE TOP