単発派遣・短期派遣で働くうえで知っておきたいポイントとは!?

単発派遣・短期派遣で働くうえで知っておきたいポイントとは!?

正社員・地域限定正社員・契約社員・アルバイト社員など幅広い働き方が定着している現在で、すっかり社会に認知され、なくてはならない働き方の一つが『派遣』です。

オフィスワークの事務職や店舗販売員、製造業務など様々な職種で、日本全国で派遣社員が活躍している現在では、派遣社員を見ない日はないといっていいでしょう。

「派遣」と一括りでいっても、そんな派遣の中にも働き方に違いがあります。
その違いの一つに『単発派遣』や『短期派遣』といったスポット的な働き方があることはご存じでしょうか?

「単発派遣や短期派遣ってよく聞くけど、本質はあまり理解していないかも…」といった方が大半かと思います。

「長期的なスパンで働く派遣と一体何が違うのか?」、「単発派遣や短期派遣にはどんな仕事があるのか?」など、意外と知らないことがあるのです。よく理解していないまま何となく単発派遣や短期派遣で働き続けることはおすすめしません。

きちんと将来的なビジョンをもって単発派遣や短期派遣で働いている方と比較すると、「将来的に大きな差が生まれる可能性がある」ということです。

今回は、単発派遣や短期派遣で働くうえで知っておきたいポイントやメリット・デメリットなどについて、わかりやすく解説したいと思います。 

目次

単発派遣・短期派遣ってどんな働き方?

単発派遣とはその名の通り、1日限定や3日限定などスポット的な仕事のことを指します。

「短期派遣と何が違うの?」と思われた方もいるんじゃないでしょうか。

短期派遣は「短い期間」働く仕事のことを指します。
つまり、働く前から契約期間のお尻が決まっている仕事であり、具体的には「1ヶ月限定」や「繁忙時期の2週間限定」などの仕事です。

これを言い換えると、単発派遣もお尻が決まっている仕事のため、短期派遣に含まれる事になるのです。

短期派遣と単発派遣には、はっきりとした明確な概念(線引ができない)がないということです。

イベントでの単発スタッフや繁忙期の倉庫業務、選挙受付スタッフなどの短期的な働き方が好む方に向いているといえるでしょう。

スポット的な派遣を受け入れる派遣先は、必要なときに必要な労働力が手に入ることができるメリットがあり、双方にとって必要不可欠な存在であるということです。

どんな職場で働けるの?

単発派遣や短期派遣では、実際にどのような職場で働けるのでしょうか?

オフィス・店舗・役場・イベント会場など、挙げればキリがありませんが、仕事さえあれば、様々な職場で働くことができます。

「これからいろいろな職場を体験して将来的な方向性を決めたい」や「いきなり長期で働くのは怖いから、ちょっと職場の雰囲気を味わってみたい」などと考えている方には、気軽に『職場の体験』ができる仕組があるということです。

少し働いてみて、自分に合うと思ったら、そこから長期の仕事を探すこともできますので、あなたの将来の道しるべになる可能性があるといえるでしょう。

どんな仕事ができるの?

単発派遣や短期派遣でよく募集されている仕事、つまり単発派遣や短期派遣の代表的な仕事を紹介します。 

◆軽作業

主に工場や店舗での作業が中心です。
工場内での仕分け作業やピッキング作業、店舗内での商品の梱包作業など、比較的簡単なルーティーン作業であるため、未経験の方でも気軽に始めることができます。

同じ作業を複数人で行う仕事がほとんどですが、1人でモクモクと与えられた仕事を進めることが得意な方や少し人付き合いが苦手といった方には、おすすめできる仕事といえるでしょう。

◆イベントスタッフ

全国各地で様々なイベントが開催されている現在では、単発派遣はなくてはならないものとなっています。

携帯会社などのキャンペーンイベント会場や人気有名歌手のライブイベント会場などでのイベントスタッフとして働く仕事です。

お客さんの誘導案内など、各自の役割を与えられて、その日1日をそつなくこなすことが求められます。

イベントスタッフの仕事は定期的にあるものではないため、興味のある方は求人募集を頻繁にチェックするなど、常にアンテナを張っておきましょう。

◆交通量調査

道路の端っこに座って、カチカチとカウンターしている人を街中で見かけたことはありませんか?

いわゆる交通量調査といわれる仕事です。通行する人の年齢層や性別をカウントするものや通行車両の数をカウントするものなどが仕事内容になります。

気候がよく過ごしやすい日もあれば、大雨などの悪天候の日もあるため、同じ仕事内容であっても、環境によってはツラくなってしまう可能性がある仕事です。

◆データ入力

オフィスでは、繁忙時期に単発派遣や短期派遣に力を借りるケースが多々あります。

オフィスでは、不定期に大幅に忙しくなることはありません。忙しくなる時期は例年一緒のケースがほとんどであるため、その時期のみデータ入力業務を派遣会社に依頼するといった流れができています。

単純なデータ入力業務であるため、タイピングスキルを向上したい方や将来的にオフィス事務で働きたい方などには、おすすめの仕事です。

タイピングスキルがあったほうが多くの仕事量をこなすことができますが、タイピングに自信が無い方でも応募できます。データ入力業務をこなしていくうちに、自然とタイピングスキルが向上するため、初めから高度なスキルは要求されないので、安心してくださいね。

主に、データを「正確に速く入力する作業」がメインとなりますので、集中して業務に取り組める方に向いているといえるでしょう。

その他にも「コールセンター」や「試験監督」など、単発派遣・短期派遣特有の業務もあります。経験が優遇されることも少ないため、積極的に様々な仕事にチャレンジできるチャンスがあるということです。

 

単発派遣・短期派遣のメリットって?

単発派遣や短期派遣には、長期派遣にはないメリットが存在します。メリットを活かすためにも、単発派遣や短期派遣をうまく活用したいですよね。

代表的な3点に絞って、順に紹介したいと思います。 

都合に合わせて働きやすい!

「仕事はしたいけど子供のこともあるし長期的に働けない」や「急に予定がなくなってヒマにならそうだからお小遣いを稼ぎたい」など、フルタイム勤務ができない方や突発的な時に活用できるのが、単発派遣です。

半年後に留学するから、それまでの間短期派遣で留学費用を稼ぐ方もいるなど、それぞれの都合に合わせて働くことができるメリットがあります。

様々な仕事を経験できる!

単発派遣や短期派遣では、様々な仕事を経験することができます。長期派遣では経験者が優遇される求人が多い反面、単発派遣や短期派遣では経験値を問われることはほとんどありません。

未経験者であっても、オフィスや軽作業などで、幅広く仕事を経験できることができます。

自分に向いている仕事は何だろうと悩みをもった方などには、単発派遣や短期派遣を経験することによって、「仕事に対するあなたの価値観」を発見できるかもしれません。

様々な仕事を経験することで、稼ぎながら自然と自己分析ができることがメリットといえるでしょう。

人間関係に悩むことが少ない!

人付き合いが苦手だからといった理由で単発派遣や短期派遣の仕事を選ぶ方もたくさんいます。

単発派遣や短期派遣には、長期的な仕事と違って、仕事に対するプレッシャーが少なくノルマなどがないため、安心して働けるといった面があります。上司から怒られることもありませんし、ビクビクすることなく気持ちよく働くことができるということです。

また、モクモクと自分のペースでする仕事が中心ですので、チーム力が必要とされないことが多く、人付き合いで悩むことは少ないでしょう。

 

単発派遣・短期派遣のデメリットって?

単発派遣や短期派遣って比較的自由度の高い仕事だなと思われたのではないでしょうか?
特に縛られることなくあなた自身のペースで働けるわけですから。

そんな自由度の高い単発派遣や短期派遣だからこそ、大きなデメリットも存在します。主なデメリット2点について、説明したいと思います。 

収入が安定しない!

単発派遣や短期派遣は、長期的な仕事とは違って、収入が安定することはありません。

3ヶ月間限定の短期派遣の仕事などであれば、3ヶ月間は安定した収入が見込めますが、3ヶ月後の収入は0円です。

収入がなくても生活ができるといった方は関係ありませんが、生活するために収入が必要といった方は、求人誌や求人サイトをチェックする日々が始まるということです。

家計の足しになる程度の考えなどであれば、単発派遣や短期派遣でも満足できるでしょう。もしくは、自分の夢の実現のためには、今働く環境は短期派遣がベストといった方もたくさんいます。

安定した収入以上に、優先順位が高いものがある方には、単発派遣や短期派遣はニーズに合うということです。

キャリアアップにつながりにくい!

単発派遣や短期派遣の経験値が直接キャリアアップにつながるかといえば、そうではありません。

キャリアアップのために考えているのであれば、単発派遣や短期派遣は選択肢から外したほうが賢明といえるでしょう。あくまでも『体験ができる』という単発派遣と短期派遣の特徴を活かすことが大切となります。

将来的に正社員採用などの面接時に、単発派遣と短期派遣の経験値が直接評価につながることは少ないため、「短期派遣の経験が、御社に興味をもったきっかけとなりました。」となればベストです。

 

長期派遣と比べるとどっちがいいのかな?

結論から伝えると、「働く目的」によります。
長期派遣を選ぶ方は、安定的な収入やキャリアアップを得ることを目的としていることが大半です。

そのような方にとっては、単発派遣や短期派遣はよっぽど仕事が見つからないときのための保険的な位置付けでしかありません。

あなた自身が、どのような目的で働くかで選択肢は変わるということです。

もし仕事選びで悩んでいるのであれば、働く意味や目的は何なのかを改めて考えてみてください。おのずと答えは出てくるはずですので、それがあなたの将来につながる第一歩となるでしょう。

 

まとめ

単発派遣や短期派遣で働いている方の中には、不満はあるものの仕方がなく働いている方もいるでしょう。

その反面、単発派遣や短期派遣が自分のスタイルとマッチし満足している方もたくさんいます。働く意味や目的は個人個人で異なるということです。

単発派遣や短期派遣が社会に浸透している現在において、単発派遣や短期派遣の需要は無くなることはないといえます。

うまく単発派遣や短期派遣を活用できるするためにも、後悔しない仕事選びをしましょう。

この記事をシェアする

PAGE TOP