派遣社員必見!!平均以上を目指す時給アップ交渉術

派遣社員必見!!平均以上を目指す時給アップ交渉術の画像

最終更新日:2019/04/15

①なるべく多くの派遣会社に登録して交渉の幅を持つ

派遣会社から言われたままの時給で納得していませんか?少しの工夫で意外と簡単に派遣社員の時給は変わります。

例えば、就業前の場合
「他社から○○○○円でIT企業の仕事を紹介されてまして…。でも、こちらの仕事をしたいのですが生活もあるので、提示金額より上げていただくことは可能でしょうか?」
「土日出勤になった場合は時給を+50円にしていただけませんか」

就業前に交渉する場合は、他社の相場情報が大事なので、1社ではなく複数で進めた方がリアルな情報を交渉材料にできます

就業中の場合
「同じ仕事をしているのにA社は○○○○円なんです。これではモチベーションが…、同じぐらいまで上げてもらえませんか?」

就業中は同じ業務の派遣スタッフの時給を交渉材料に使うのが最も有効です。他社から紹介があって…という理由も使えますが、信憑性のある情報を用意しておく必要性があります。

まずは常に情報取得を心がけ、日々大きく変わる派遣の平均時給相場やランキングに敏感になり、時給アップ交渉のネタにしましょう。

②派遣登録時は平均より高めに、転職時は同時給以上を希望する

派遣会社側としては、マージンを高く取るために登録者にはなるべく安く働いてほしいと考えています。
もし、登録するとき謙虚に希望時給や年収を安く言ってしまうと、そのまま安い金額で紹介されてしまいます。

高い時給設定だと仕事が紹介されないと思うかもしれませんが、「○○○○円の時給が限界のエンジニアのお仕事ですがどうですか?」と、派遣会社の利益率最低の条件で紹介されるケースもあります。
転職時には「他の派遣会社から○○○○円でSEの仕事を紹介されている」「この業種は平均○○○○円だ」などと話して、派遣会社から提示された情報すべてを鵜呑みにするのではなく、自分が有利な立場になるような交渉を目指しましょう。

③定期的に自身の評価を聞く

何も言わずに契約更新の連絡を派遣会社から受けて「その条件でいいです。よろしくお願いします」の一つ返事を繰り返していたら、進展はありません。

むしろ、派遣会社の営業マンとしては手がかからない最高の派遣社員として、今後も何もしないでしょう

では、どうしたらよいか?自身の評価を営業マンに頼み、半年に一度は企業担当者に聞いてください
理由は、派遣先企業からどういう評価をされているのか、どんな働き方をしているのかを営業マンが把握できるからです。ここから、昇給に値するのか?という流れに発展します。

評価をされた上で時給交渉をした方が、成功する確率が上がります。

④しっかりとアピールする、自分を売り込む

派遣社員はある意味個人で勝負をする世界であり、しっかりと自己ブランディングをする必要があります
就業先での評価や状況、他の人と比べてどうか、後から入った人の教育を任されているなど、しっかりと派遣会社に伝えてアピールしましょう。

派遣先企業の評価がよければ「平均より時給を上げよう」などと派遣会社は考えてくれます。

⑤イレギュラーケースで派遣の時給は上がる!

派遣会社が自社派遣社員に対してミスを犯したときに、時給が上がるケースがあります。
派遣会社によるミスで問題が発覚すると、契約更新の時期に関係なくアップしてくれることがあります。

例えば、”実は顔合わせ前に話していた内容と、実際の業務が全然違っていた””土日も業務があった”など。そういう場合は、「相場より時給50円アップするから頑張ってよ!」なんて頼まれることもあり得ます。  

⑥派遣先企業を味方につける

派遣社員として派遣先企業で働いているとはいえ、実際にはその企業の従業員の一員です。
派遣先企業の正社員たちもふだん頑張っている派遣社員には外様扱いすることなく、同じ目標に向かって仕事をする仲間という認識が強くなります。

もちろん、派遣先企業の従業員とコミュニケーションを取らず、仕事にやる気を出さずに適当にこなしている場合は、外様扱いのままですが…。

いかに派遣先企業から高評価を受け、その企業になくてはならない存在になれるかが大切なのです。派遣先企業はあなたに辞められないために、少しでもモチベーションを上げてもらうことを考えるでしょう。
つまり、それが時給アップにつながりやすくなります。通常は、派遣会社から派遣先に対して時給アップの打診がありますが、評価が高く必要不可欠な派遣社員の場合、派遣先企業から派遣会社に時給アップの打診されるという、通常とは逆の流れが起きます。

派遣先企業を味方につければ、時給がアップする可能性がグッと上がるのです。 

⑦同じ職場の派遣社員と親しくなって時給の相場を知る

派遣先によっては複数の派遣社員が働いているケースが多々あります。複数の派遣社員がいるということは、複数の派遣会社が入り混じっている可能性があるのです。

派遣会社が違えば、例え同じ仕事をしていても、それぞれ時給が異なります。時給を決めるのは、基本的には派遣会社だからです。

他の派遣会社の派遣社員と親しくなると、自分たちの派遣会社の待遇や時給の話になることがあります。もしかすると、自分より後から入った他の派遣会社のスタッフのほうが、高時給というケースもあるのです。

そのような場合は、あなたから派遣会社に相談や交渉を持ちかけると、時給アップにつながる可能性があります
ただし、派遣先で働く派遣社員が自分ひとりだけなら、このような交渉はできませんが…。 

⑧自分のスキルをアップさせる

スキルアップは、あなたの派遣社員としての価値を高めます。ITスキルやタイピング能力、エクセル・アクセスなどのOAスキル、経理スキル、英語スキル、エンジニアスキルなどを磨くことで、平均時給額よりも高い時給での仕事紹介があったりするのです。

派遣会社からすると、2人の登録者が同じ仕事を応募した場合、希望時給額は同じでもスキルに差があれば、スキルが高い登録者に仕事を紹介したいと考えます。

スキルは高いに越したことはありませんので、より高時給を目指すならOAスキルの向上や資格の取得を検討してみましょう。

スキルアップした場合は、派遣会社への登録時のデータを更新してアピールする必要があります。データを更新すれば、これまで縁のなかった高時給の求人と巡り合えるかもしれません。
 

⑨希望勤務地を幅広くする

派遣の仕事は都市部に集中しがちです。たとえ大手派遣会社であっても、都市部から遠方になるほど求人数が少なくなります。
遠方エリアは派遣会社が求人募集をしてもなかなか人選ができない、つまり人が見つからないということが起こります。

この問題を解消するために、派遣会社はどうするか?時給を平均より高く設定するなどして、派遣登録者にアピールするのです。
そのため、登録時に希望勤務地を幅広くしておくと、派遣会社に時給を上げてもらえる可能性があります。

遠方の求人ほど人が集まりにくいことを頭に入れつつ、仕事紹介があった際には、提示された時給に+αしてもらえないかを交渉してみるとよいでしょう。派遣会社の人選状況次第では、想像以上に時給がアップするかもしれませんよ。 

⑩時給の一部を交通費に割り当てる

直接的な時給アップとは異なりますが、手取り金額をアップすることはできます。派遣社員に限らず、会社に所属する従事者は、働いた分から所得税が引かれます。

給料によって所得税額は異なり、高い給料ほど高い税金を納める必要があります。あくまでも所得に対する税金であり、もし交通費を別途支給されるなら、その分には所得税がかかりません。

派遣社員は高い時給を期待できる反面、交通費は自己負担となるケースかほとんどです。そこで、時給の一部を交通費に置き換えることにより、所得が低くなる分、所得税も低くなるのです。
そのため、派遣会社に「時給を少し下げてもよいから、その分を交通費として支給してほしい」と交渉する価値があります。

もちろん、派遣会社によってこの方法がOKかNGかは分かれます。時給の一部を交通費に置き換えることが可能かどうかを派遣会社に相談してみましょう。 

⑪同じ派遣会社で長期的に働く

高い時給を求めて派遣会社を転々とすることもひとつの方法ですが、同じ派遣会社で長期的に働くと時給がアップしやすくなります。その理由は「信頼できる派遣社員」と派遣会社が評価するからです。

途中解約などがなく、長期的に働いている実績のある派遣社員は、派遣会社も手放したくありません。派遣先で契約満了となった場合、同じ派遣会社からの稼働実績から、仕事紹介を受けやすくなります。

そして、長期的に派遣先で働いていたということは、働いた当初より平均時給がアップしている可能性も高いのです。派遣会社は次の仕事紹介時に前職同等の時給、もしくはさらに時給を上げて仕事紹介をする可能性が高くなります。

同じ派遣会社で長期的に働くことで、派遣会社からの信頼が生まれるため、高時給をキープしつつ時給アップのチャンスがあるということです。 

⑫時給アップのタイミングを計る

派遣先企業で働きながら、派遣会社に時給アップの交渉する時期を計ることは大切です。ただやみくもに交渉すると、うまくいかないことがあるからです。

「では、どのタイミングで交渉すればいいの?」それは契約満了の2ヶ月前です!
派遣契約は短期のものでない限り、3ヶ月更新や6ヶ月更新が大半ですので、契約満了から2ヶ月前とイメージしていてください。

なぜ、2ヶ月前なのでしょうか?
通常、契約満了の1ヶ月前に派遣会社から契約更新の意思確認が行われます。その意思確認のときに、時給を上げてほしいと交渉しても遅いのです

派遣会社は派遣先企業に時給アップの打診をする時間、派遣先が社内で時給アップを検討する時間など、1ヶ月前では時間が足りません。
その派遣社員の評価を適正に判断するために、時間に余裕をもって交渉する必要があるのです。
 

派遣社員が時給交渉に大切なこと

満足できる時給は長く働いていくうえで、モチベーションを維持するために必要不可欠です。
よりよい派遣社員生活を送るためにも、どうすれば時給が上がるのかを常に意識しましょう。

時給交渉で重要なのは、相場などの知識があるかどうかです。派遣会社任せにしていると、上げてほしいタイミングで上がりません。

派遣社員自身が時給を上げる方法やタイミングを理解していれば、時給は上がりやすくなりますよ。

★ 業界人がオススメする派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社
関連キーワード
派遣登録
派遣時給
派遣トラブル

あなたにおすすめの派遣記事

派遣のお役立ち情報記事一覧ページへ