派遣社員の職務経歴書の書き方~目的別解説(登録/紹介予定・転職)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真
  • 関連キーワード:
  •  

派遣社員の皆さんは、『職務経歴書』を書いた経験はありますか?

「職務経歴書って何だ?」と思った方もいるかもしれないですね。

職務経歴書は、定年退職まで転職をしない方を除いて、社会人のほとんどの方が直面するものといっても過言ではありません。

「履歴書のほうが大事でしょ?」と決して思ってはいけません!

履歴書以上に、あなたの経歴をより鮮明に写し出す書類なのです。

今回は、そんな職務経歴書の基礎知識から正社員を目指す派遣社員の職務経歴書の書き方まで、わかりやすく解説したいと思います。 

転職をする際には、職務経歴書は必要かつ重要な書類となります。

あなたの書き方一つで、書類選考の結果が変わってしまうからです。
職務経歴書一つで、今後の人生も変わるかもしれないということですね。

しっかり書けるようにしたいと思います!

目次

 

派遣社員の職務経歴書について

職務経歴書

職務経歴書とは、これまでに経験した職歴の詳細をまとめた書類のことです。

あなたが今まで、どんな会社でどのような仕事内容で働いていたかを記載する書類ですので、履歴書とは全く別物というわけですね。

職務経歴書ってどんなもの?

 

職務経歴書は、主に「会社名」「会社概要」「雇用形態」「修業期間」「職種」「業務内容」「OAスキル」などの項目を中心に書く必要があります。

これを聞くと、履歴書を書いたことがある方は、職務経歴書との中身の違いが理解できたのではないでしょうか?

ちなみに、『履歴書は手書き』が主流なのに対して、『職務経歴書はワードなどで出力』することが主流なのです。

もちろん、手書きでも構いませんが、履歴書と違って記載する項目が細かい分、読み手にとってわかりやすくする必要があるうえ、データで残しておくと他の機会にも再利用できますので、出力した職務経歴書をパソコンに保管することをおすすめします。 

職歴も少ないから、手書きでもいいのかなと思っていました…
派遣社員の皆さんは特に手書きはおすすめしません。

これから派遣でキャリアを積んでいくと、データで残しておいたほうが効率的だからです。

  

派遣の経歴ってどう書くの?

派遣社員の経験がある方の悩みの一つに、「派遣の経歴の書き方がわからない」といったことがあります。

勤務先は派遣先だし、雇用元は派遣会社だし、書き方って悩んでしまいますよね?

あなたのことを全く知らない読み手(応募先の人事担当者など)が、書類1つで理解してもらうためには、派遣先だけ記載していても、「派遣会社はどこなんだろう?」となってしまいます。

その反対に、派遣会社だけ記載していても、「派遣先はどこなんだろう?」となってしまいますよね? 

派遣先名や業務内容など職務経歴書に必要な項目を中心に、「派遣会社(雇用元);○○○」などを補足しておくことを忘れないようにしましょう。
退職理由は職務経歴には関係ありません。

必要なのは、どんな会社でどんな業務内容をしていたかです。
たしかに、派遣の途中解約なんかは書きづらいですね。

どんな理由であれ、疑問に思われてしまいますもんね。

  

派遣の退職理由って書くの?

派遣の退職理由の記載は、基本的には不要と考えても問題ありません。

派遣に問わず、退職理由はデリケートな部分になります。
仮に、パワハラやセクハラなどが原因で退職していた場合、素直に退職理由を記載するってなかなか難しいですよね?

そのような場合は、記載する必要はないですし、あなた自身が損してしまう可能性が高いからです。

不要な不安を与えないためにも、不利になることはあえて書く必要はありません!

ただし、実際の退職理由(派遣契約の全てが契約期間満了の場合など)を記載しても問題ない方もいますので、退職理由を書くか、また書くならどのような言葉選びがいいかなどをちきんと判断しましょう。

あなたのその一言で不利になってしまうケースもあるということです。 

退職理由は職務経歴には関係ありません。

必要なのは、どんな会社でどんな業務内容をしていたかです。
たしかに、派遣の途中解約なんかは書きづらいですね。

どんな理由であれ、疑問に思われてしまいますもんね。

  

目的別の職務経歴書について

職務経歴書を書く女性

派遣会社への登録時、または正社員を目指すとき、それぞれで職務経歴書の書き方が変わってきます。

それぞれのパターンを解説しましょう!

派遣会社への登録!職務経歴書ってどう書くの?

派遣会社に登録する際には、職務経歴書の提出を求められます。

職務経歴が無い方は提出する必要ありませんが、大抵の方は、何かしら経歴がある方がほとんどです。

「派遣会社に登録するだけだから、適当に職務経歴書を出せばいいや」と甘く考えてはいけません。

あなたの提出する職務経歴書1つで、今後の派遣社員としての道が大きく分かれるからです。

例えば、職務経歴書の誤字脱字や経歴詐称、ダラダラと文章を並べた見にくいレイアウトなどは、あなたの文書処理能力や人物評価を下げてしまう可能性があるのです。

派遣社員は、派遣登録の段階で派遣会社から『スタッフ評価』が行われています。

スタッフ評価とは、派遣社員としての適性を見極めるもので、派遣社員の性格や文書処理能力などから総合的に評価するものです。

その評価によって、派遣会社からのお仕事紹介にも影響するため、職務経歴書はワードを有効的に活用し、丁寧かつわかりやすく『要点』を中心に書くことをおすすめします。

また、インターネットなどで検索すると、職務経歴書のテンプレートを使用できますので、自分が気に入ったわかりやすい職務経歴書を探してみてもいいでしょう。 

派遣会社への登録時に提出する職務経歴書によって、派遣の仕事紹介にも影響するんじゃ。

手を抜いてはならんぞ!
派遣の仕事がしたいのに、仕事紹介が少なかったら嫌ですね。

しっかり自分をアピールしたいと思います。

  

正社員を目指したい!職務経歴書のポイントとは?

派遣社員の皆さんが、正社員を目指す方法は、「転職サイトの活用」・「派遣先の直接雇用」・「紹介予定派遣の活用」が主になるかと思います。

どのパターンで正社員を目指すにしろ、大抵は職務経歴書が必要となります。

派遣の経歴のある方が職務経歴書を書くポイントとしては、会社の事業内容は、派遣先の事業内容を書いた方があなたの能力が伝わりやすくなります。

また、派遣会社を経由する紹介予定派遣を活用し、正社員を目指す方にとって、職務経歴書はより重要な書類となります。

その理由としては、『派遣会社が書類選考を行う』からです。

紹介予定派遣の場合は、直接派遣先に応募書類を送るわけではありません。
派遣会社に応募書類を送るため、派遣会社がその応募書類の中から、数名をピックアップするのです。

応募があった方全てを、派遣先に紹介するなんて派遣会社の立場であればできません。
しかし、「何だ冷たいな…」と勘違いはしないでくださいね!紹介予定派遣として派遣先から採用してもらえるように、派遣会社は最善を尽くしてくれるからです。

派遣会社はあなたに対して、正しい職務経歴書の書き方やうまい見せ方などを含め、添削やアドバイスをしてくれるのです!

つまり、あなたの経験や能力を最大限アピールし、できる限り「良い結果」になるように導く役割が派遣会社にはあるということです。

ちなみに、応募する際には、職務経歴書の使い回しは絶対にしないでくださいね!
きちんと、紹介予定派遣の求人内容を理解し、派遣先は何を期待しているかを掴むことが大切になります。 

職務経歴書

転職サイトを活用した場合も同様に、その求人に合わせた職務経歴書を作成することをおすすめします。

もちろん、やってもいないような経験や能力を書くなどウソはいけません。

少しでも、応募する求人内容に近い経験がある方は、その求人内容に沿ったオリジナルの職務経歴書を作成しましょう。

とはいえ、誰だって職務経歴書に事細かく業務内容全てを記載することなんかできません。
ダラダラと書いた職務経歴書ほど、文書処理能力が低いと判断されるからです。

その求人内容でこれまでの経験がマッチしている点があれば、職務経歴書に記載するということがポイントとなるわけですね。

将来的に正社員を目指しているので、職務経歴書の準備を怠らないようにしておきます!
いかにあなたの経験を効果的にアピールできるかがポイントとなります。

  

まとめ

派遣社員の経験がある方ほど、職務経歴書の書き方に注意しなければいけません。いくら派遣会社の会社概要などを書いたところで、読み手は興味はもちません。

知りたいことは、『どんな派遣先でどんな仕事をしていたか』です!

これまであなたがやってきた内容や経験に自信をもって職務経歴書を書くようにしましょう。 

職務経歴書一つで、評価が分かれる書類です。

納得できる職務経歴書を作成しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP