大手企業・派遣求人のリアル!憧れの職場で働く派遣社員の理想と現実

大手企業・派遣求人のリアル!憧れの職場で働く派遣社員の理想と現実の画像

最終更新日:2019/11/29

派遣社員の皆さんは、一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか?

どうせなら、「知らない会社より大手企業で働きたい」と。

派遣社員に限らず、大手企業には人を惹きつける魅力があるのは事実です。しかし、大手企業には皆さんの知らない裏の派遣事情があり、知っておいたほうがよいかもしれません。

今回は、大手企業で働く派遣社員の理想と現実のギャップについて、わかりやすく解説します。

業界人

大手企業と中小企業の派遣って何が違うんだろう…

業界人

大手企業ならではの派遣について、色々と知ってたほうがよいかもしれませんね。

 

大手企業が派遣に対する期待は高い?低い? 

■大手企業の派遣求人ってどんなもの? 

大手企業には、メーカーや商社、製薬会社など、さまざまな業界があります。「派遣といったら事務職」と思っている人もいるかと思いますが、特に大手企業はそうではありません。

例えば、営業事務・経理事務・受付・営業・技術職など、大手企業には多彩な職種の派遣社員が在籍しています。
職種が多く、在籍者も多いということは、毎月のように大手企業の派遣求人が世の中には出回っているということです。日々の業務で忙しい派遣社員は、そのチャンスに意外と気づかないものです。

ですので、大手企業の経験をしたい派遣社員は大変ではありますが、ぜひインターネットの求人情報を調べてみてください。派遣求人は日々更新され、派遣の動きは思っている以上に活発です。

インターネット検索など、日々のちょっとした努力が大きなチャンスにつながることもあるため、アンテナを張っておきましょう。そのチャンスに巡り会えるかもしれませんよ。

業界人

大手企業の派遣って縁がないと決めつけてました。働きたいならアンテナを張っておいたほうがよさそうですね。



■大手企業の派遣求人に対する競争率 

大手企業の派遣求人はよく見かけるけど、派遣会社から大手企業の仕事の紹介を受けたことがある派遣社員は少ないかもしれません。
その理由は、大手企業の派遣求人は「人気の高い求人」だからです。

派遣求人のほとんどはインターネットで掲載されています。では、どのように派遣社員が大手企業の派遣求人と出合えるかというと、主に2点あります。

「派遣社員が求人検索から興味を持った求人にエントリーするパターン」と、もう一つは「派遣会社から派遣社員に直接連絡があり、求人を紹介されるパターン」です。

大手企業の派遣求人は、放っておいても人が集まってきます。すなわち、派遣社員自らの問い合わせやエントリーが複数ある、ということ。複数の候補者の中から、派遣会社が1名の派遣社員を選ぶのが大手企業の派遣求人なんです。

派遣会社

特に、人気の高い大手企業の派遣求人は、インターネット掲載から3日もたてば、10名以上の問い合わせやエントリーがあるような感じです。
候補者が多くなりすぎると、インターネット掲載から数日で締め切るケースがほとんどです。

一方、中小企業の派遣求人は「派遣会社から派遣社員に直接連絡があり、求人を紹介されるパターン」が多いのが現実です(もちろん、派遣社員からエントリーされるケースもあります)

実際に、派遣社員の皆さんは、派遣会社から電話などで求人紹介をされた経験はお持ちではないでしょうか?

中小企業は大手企業より派遣求人が多くあります。中小企業には勤務地等は異なるものの類似した派遣求人が多いため、差別化がなかなか図れません。そのため、ネットで応募されにくいのです。

派遣会社は「中小企業の派遣求人について、派遣社員を惹きつける求人内容に表現すること」「応募数の少ない中小企業の派遣求人は電話紹介する」ことが重要になります。
大手企業はその必要がないので、ネットだけで応募数に達するのです。

業界人

大手企業の派遣は激戦区じゃ。それだけ人気があるってことじゃな!

業界人

複数の応募者から選ばれるために、日ごろの勤務を通し、信頼される派遣社員でいることが大切です。

 

■大手企業は高時給? 

派遣社員にとって、高い時給はありがたいことです。それだけ自分の仕事に価値があるということだからです。

では、中小企業と比べ、大手企業の派遣時給は高いのでしょうか?

実は、答えは「No」です。むしろ、高時給なのはベンチャーなどの中小企業です。
大企業は人気が高いため、時給が多少低くても人材が集まります。一方、名が知られていない中小企業は、人を集めるために時給を高くする傾向があるのです。

また、中小企業は時給の交渉もしやすいと言われています。仕事を覚えた派遣社員に、すぐに辞められては困るからです。

 

業界人

大手企業だからといって高時給というわけではないんですよ。

業界人

知りませんでした!私は時給優先だから、ちょっと考えちゃうかも…。

 

■大手企業の派遣に対する期待値

大手企業は、派遣社員にどんな期待を持ち、派遣を利用しているのでしょうか?

ずばり、大手企業のほとんどは、派遣社員に大きな活躍を期待してはいません。今置かれている立場で、その置かれている仕事環境内で「枠を超えず、枠の範囲内で仕事をしてほしい」と思っているのです。

大手企業の中には派遣社員が100名以上在籍するところもあり、その一人一人の管理は難しいのが現実です。派遣社員が多く在籍していると、大手企業はその中で働く「派遣社員のバランス」が崩れることを恐れます。

例えば、「同じ職種なのに、派遣社員Aさんは派遣社員Bさんより任されている仕事以外もテキパキと臨機応変に対応してくれる」といった場合、AさんはBさんに対して「自分より仕事をしていないのに、同じ時給に納得いかない!」と思うことだってあり得ます。

そのようなバランスを保つためにも、大手企業は派遣社員に高い期待をもてないのです。

一方、中小企業の派遣に対する期待は、大手企業とは異なります。

中小企業1社における派遣社員の人数は、大手企業と比べて少ないです。その分、派遣社員一人一人に対して「仕事の枠に囚われず、想定以上に仕事ができる派遣社員」を求めます。

自分自身のスキル向上が派遣先の評価につながることを求める方は、大手企業で働いたとしても仕事面で不満が出てくるかもしれません。

業界人

大手企業の特徴にマッチする派遣社員なら、長期的に働きやすい環境です。

 

大手企業の現実!意外に辞めたい派遣社員が多いって本当!? 

■時給は高いけど自己満足ができないって本当? 

実は、大手企業で働く派遣社員の役割は、固定化された業務を淡々とこなす仕事が多いのです。良い意味で「業務が縦割れ」しているため、ルーティーン業務がメインになります。

大手だからどれほど難しい業務をするのだろう…、と心配する必要はありません。もちろん、SE等の技術職等は別ですが、派遣社員はスタッフの一員として与えられた役割をこなすことが求められています。

ルーティーン業務が多いということは、何年その仕事を経験しようが基本的な業務には変化がないため、派遣社員自身のモチベーションの維持が難しくなります。

大手企業は、日々のルーティーン業務をこなしてくれる派遣社員を求めているため、その需要に合った派遣社員には恵まれた環境になります。変化が薄い仕事に対してやりがいを感じれば別ですが、やっぱり飽きてくる方も多いのは事実です。

別の派遣社員の友達と会話したりする中で、「今こんな業務を新しく任されることになって、忙しいんだよね。」といった話をすると、逆にうらやましく思えたりするものです。

もちろん、自己満足は人それぞれ違いますが、大手企業に勤めている派遣社員ほど、仕事の面で満足感がなく不満を覚えている方が多いのも事実です。

業界人

今の仕事のほうが向いてるかも…こればっかりはやってみないとわからないですね。

業界人

もちろん、決められた仕事をしっかりとこなすことにやりがいを感じる派遣社員もたくさんいます。あなただって、これまでにないやりがいを感じることだって大いにありますよ。

 

■イジメがあるって本当?

子供じゃあるまいしイジメなんて…とはいかないのが職場です。大手企業には大手ならではのイジメがあります。

大手企業には、正社員をはじめ数多くの正規雇用者が在籍しています。派遣社員の雇用主は大手企業ではなく派遣会社であるため、大手企業側から見るとあくまでも別の会社(派遣会社)の人間です。

いざ、大手企業に働くことになり、緊張しながら初日出勤した際に、部外者のような目で見られることだって考えられます。特に、正社員の女性が中心の部署ならなおさらです。

派遣会社

例えば、自分はそんなつもりはないのに「男性社員に色目をつかっている」や「あの人の頼みごとにはすぐ答えるのに、私からの頼みごとにはいまいちだよね」など、つまらない不満をぶつけられるのです。

派遣社員はそんなつもりがなくても、現場内で過去そのような経験があればなおさら、初めから警戒され、部外者として見られることも…。大手企業は派遣実績が豊富なため、そのようなリスクの可能性は高くなりがちです。

また、自分は精一杯仕事をしようとしても「あの派遣社員は仕事ができる人だ」と他の部署から思われると、その部署内の正社員の中にはいい気がしない人だっているかもしれません。

もちろん、上記はあくまで一例であり、そのような企業ばかりではありません。
そんな環境かは働くまではなかなか把握できないため、派遣会社に求人募集の背景などを聞いておいたほうがよいでしょう。

業界人

派遣会社に色々聞いて、情報収集したいと思います。働きたいと思える大手企業と出会いたいです!

 

■窮屈に感じるって本当?

大手企業に勤める派遣社員には、独特の窮屈感を感じることがあると言われています。

例えば、自社ビル内に食堂がある大手企業で働き、どんなメニューがあるのだろうとウキウキしながら食堂に行くと、派遣社員は派遣社員で端っこで集まり食事をしていたなど。
初めから、堂々と陣取って食事をすることは難しいですよね。周りの目も気になりますし。

その他では、セキュリティーが厳しく携帯電話を職場に持ち込めないことやパウダールームが使用しにくいなど、窮屈に感じることがたくさんあります。

業界人

ただし、ひと昔と比べ、派遣社員が働きやすい環境に改善している大手企業も増えてきているんじゃよ!

業界人

大手企業だって派遣社員にすぐ辞められたりするとやっぱり困りますしね。

 

派遣社員としてプラスになることって何だろう? 

■大手企業ならではの付加価値

イジメ問題や窮屈感等でストレスが溜まりそうだなと思われた方もいるかと思いますが、決して悪いことばかりではありません。

大手企業ならではの良い面ももちろんあります。

まず一番に挙げられることは「大手企業の派遣経験は、他の派遣先から高い評価を得れる」ことです。

中小企業の派遣先は、大手企業でこれだけ経験があれば、信頼できる派遣社員だろうと自然と判断してくれるからです。大手企業の経験があれば、うちでもやっていけるよといった感覚に近いと思います。

仕事のスキルを備えているからこそ大手企業で働いていたんだろうと、大手企業という肩書だけで「できる派遣社員」として派遣先に見てもらえるため、派遣社員としての価値は上がります

また、大手企業の経験を通じて、実際に与えられた仕事をこなす能力は、自然と身につけているはずです。

仕事の内容はさておき、タイピングが早くなっている、誤字脱字のクセがなくなっている等、自然と身に付くスキルがあるため、大手企業の経験は今後あなたにとって有利になるでしょう。

実際に、派遣会社に登録した際にタイピングテスト等をされた方は、再度テストを受講してみてもよいかもしれません。その結果は、次の派遣先へのアピールにもつながりますよ。

業界人

大手企業の経験者は、派遣社員としての価値が上がります。この先、有利になる可能性が高いでしょう。

 

■派遣会社からの高い評価 

大手企業での経験は、別の派遣先だけではなく、派遣会社そのものからの高い評価へとつながります。派遣会社は、高い評価の派遣社員を他の派遣先に売り込むこともできるのです。

例えば「大手企業で勤めている派遣社員が今月末で退職します。なかなかこのような経験がある方は派遣社員の中では貴重なため、増員や欠員募集等があればどうですか?」など、売り込めるのです。

それだけ大手企業の経験がある派遣社員は、派遣会社からも信頼され、手放したくないのです。

もちろん、派遣社員がこの職場は嫌ですといったらそれまでですが、高い時給をもらっていた派遣社員は、次の派遣先でも高い時給で交渉してくれますし、付加価値は高いでしょう。

業界人

派遣会社はあなたを信頼し、あなたのために動いてくれます。

業界人

派遣会社に信頼されるのは嬉しいですね。私も信頼される派遣社員になりたいと思います。

 

まとめ

大手企業での就業経験がない人にとっては、大手企業に対する理想と現実のギャップがあるかもしれません。
実際に、大手企業は工夫をして派遣社員と向き合い、会社に貢献してほしいと願っているものです。

派遣社員にとって、大手企業向きの人もいればそうではない人もいますが、一度働いてみると貴重な経験になりますよ!

業界人

将来的にもプラスになりそうですね。
目先のことだけじゃなく総合的に判断したいと思います。

 

業界人

派遣会社の中でも大手求人数が多く、評判のいいオススメ派遣会社はコチラじゃ!

関連キーワード
派遣登録
派遣時給
派遣の悩み
プロフィール画像

この記事を書いた人

派遣チェキ編集長
.
元派遣業界人が、派遣業界に長くいた目線から、『派遣会社に騙されない』『賢く派遣社員として働くためのコンテンツ』を紹介していきます。Twitter(@haken_checkit)

あなたにおすすめの派遣記事

派遣業界の裏事情記事一覧ページへ