派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 派遣って有給休暇使えない?派遣業界人が裏事情を暴露!!

派遣って有給休暇使えない?派遣業界人が裏事情を暴露!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

ご存知の通り、派遣で働いていても、有給休暇は取得できます。ただし、有給休暇の取得は雇用している派遣元、いわゆる登録している派遣会社が管理をしています。

登録スタッフには当然、有給休暇を消化することをおすすめしていますが、
それは全くの本心ではありません。

有給は個人の持ちモノだからね、なんてありきたりのセリフを言うコーディネーターですが、スタッフが休んだ分は、派遣会社がそのお給料を負担しなければいけません。

私たち、派遣会社の人間は「有給なんてとらせてたまるか」、くらいの勢いで、様々な手法で有給消化をとらせないように、さも当然のように勝手なルールを作っているんです。


有休消化されないようにルールを作るのが当たり前


■1か月前に申請しなければいけない

派遣スタッフであろうが、急な病気も容赦しません。有給休暇は一ヶ月前に取得するのが派遣会社の就業規則なんです。それ以外は欠勤扱いになってしまうので、これはもう出勤するしかないですよね。

一ヶ月前に病気の予測もできないし、冠婚葬祭も土日に上手く重なればいいでしょうが、
そうはいかない時のほうが多いと思われます。



■病気になった時のために取っておきましょう!というアナウンス

インフルエンザや流行病にかかった時は、致し方なく医者の診断書と共に取得をしてもらいます。これをネタにし、もしいざという時に有給が無く欠勤扱いになってしまう、ということをそれとなく匂わせます。

あくまでも取得してしまうと、
困るのは登録スタッフの方だということを、念を押しておきます。



■平日3日以上は取得できません

1日だけでもなんとか、派遣先に頭を下げてようやく取得にこぎつけたのに、
旅行に行くために長期休暇が取りたいと言われても無理な話ですよね。

長期休暇は盆と正月、GWに有給を併せて取るようにしてもらいます。それだけ休むと、逆に出勤しづらい状況になってしまうし、派遣という立場上、周りの社員さんからは冷たい目で見られるのは確実でしょう。



■派遣先に言われているからあまり使わないで!!

登録スタッフさんから、有給休暇の打診があった際の逃げ道として、ここもさりげなく、「派遣先からきつくいわれている」旨を伝えます。

派遣にとっては、契約更新時の心象が悪くなるという構図が出来上がってしまいます。
派遣先の名前を出されると、俄然取得する気持ちも鈍ってくることを先読みしています。

各派遣会社とも有休休暇を取りやすくしないように色々な施策を考えているのです。


辞めるタイミングで有給消化ってあり?


派遣会社チェキ_有給休暇

正社員だと退職する前にまとめて有給消化をするケースも少なくありません。しかし、派遣社員は契約期間が決まっているので、最終出勤日後に有休を消化しようとするのは難しいのが現状です。

中には派遣の営業マンと仲が良くて、
「辞める前に全部消化していいですよ」なんて気が利く営業マンも中にはいます。


実際に何が違うのか?

実は担当者と仲が良いか、派遣会社から信頼されているかで有休が取りやすいかどうかが大きく変わるのです。


基本的に派遣会社側は有給休暇を取らせたくありません。(自社の利益が減ってしまうので…)仮に働いている人が3000人が有給休暇を1日取ったとします。

1500円(時給)×8時間(実働時間)×3000人=36,000,000円

なんと3600万円を利益から削らなくていけないのです!
仮の話ですが、派遣スタッフに有休をとられるのは大きなマイナスになってしまうのです。


だから上司からは「有休は認めない!!」などと言われ、派遣スタッフに有休を申請されないように様々なルールを作るしかないのです。営業マンもサラリーマンですからできるだけ有休をとらせないように動くしかありません。

ただ、その中でも派遣会社側から「○○さんは大事な人材だ。また次もお願いしたい」と思われるようになれば話は別です。多少のワガママでも派遣会社は受け入れてくれるはずです。


そんな不公平ありえない!と思われるかもしれませんが、
有休取れるか取れないかは各営業担当者の裁量も大きいのです。

あくまでも派遣業界に長くいた私の見解ですが、
営業担当者と良い関係が築けていない人はスムーズに有休をとるのは難しいでしょう。

有給休暇の買い取りは禁止されています


期間満了で派遣期間が終了した際に、有給休暇が余ったので次の給料に上乗せしておいて下さいとスタッフさんから申し入れされる事もあります。

しかし、法律で有給休暇の買い取りは禁止されているので不可能ということになります。

別の派遣会社では、買い取ってもらった、と言われたことも有りますが、
おそらく揉めると面倒なので致し方なくといった感じなのではないでしょうか。


有休休暇を上手に取るには…営業担当者がカギ


派遣会社チェキ_有給休暇2

有給休暇とは労働基準法39条により、雇用した日から起算、6カ月間継続して勤務し、労働日数の8割以上出勤となった場合に発生するものとされます。大まかに言えば、採用になったときから6カ月の間に、8割程度の出勤日数であれば有給休暇は10日もらえます。

法律上、有休は取得できますが、
どこの派遣会社側も有休をとらせたくないという考えは変わりません。

・辞めるまでに計画的に有休を消化していく
担当者と信頼関係を築き、有休をOKしてもらえるようにする


派遣会社側の考えを理解した上で、どういう風に有休申請をしたら受け入れてくれるのかをしっかり考えないと、「うちは止める間際の有給は認めていません」なんて言われて、消化できないまま契約終了なんて事もありますのでご注意を!!


★ 業界人がオススメする派遣会社 ★★ オススメ派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP