• コラム「派遣業界人がオススメする派遣会社と派遣登録する時のポイント」のバナー画像
  • 派遣会社チェキ
  • テンプスタッフの口コミ評判
まとめ

派遣会社の裏事情をぶっちゃける


派遣トップ


派遣会社で長年働いてきましたが、派遣業界はちょっと特殊な世界なんです。

正社員の能力を上回る優秀な派遣スタッフもいれば、勤怠不良や能力不足な派遣スタッフもいる。受け入れ先の企業も正社員と平等な目線で雰囲気良く働ける環境もあれば、
「派遣は派遣」という業務の切り分けを行い業務遂行のみを求める企業もある。

ブラック企業のように就業環境が悪く、派遣スタッフが長く定着しない職場もあります。 この両者を結び付ける仕事としているのが派遣会社であり、当然ながら悪戦苦闘しています。



派遣会社の社員は残業は多いのに安月給。さらに派遣スタッフからのクレームは日常茶飯事で、企業担当者からのお叱りを受ける事も多く、非常にストレスが溜まる仕事です。


派遣会社は上記のような職場環境なので当然離職率が高いです。
優秀な社員も採用しにくく、適当な正社員が多く働いているように感じます。

そんな特殊な派遣会社をうまく活用し、より良い派遣生活を送るためにどうすれば良いかを解説していきたいと思います。


派遣スタッフ

派遣業界って何か思ってたよりもヤバいんですね。
確かに派遣の営業担当は忙しくて大変そうなイメージがあるわ。

派遣業界人

派遣会社は各社カラーがあるけれども、基本的にビジネスは同じ。

派遣の裏側がどうなっているかちゃんと知っておかないとブラック企業に入社させられちゃうわよ。ちゃんと見抜かないと痛い目をみるぞ!!

派犬

人材業界というのは人の人生を扱う専門家集団だけれども、すべての社員が素晴らしい人間というわけじゃない。売上を重視して適当な派遣先に送り込むような不届き者もおるんじゃ。

ちゃんと見抜かないと痛い目をみるぞ!!抜かないと痛い目をみるぞ!!

驚く派遣業界人

ひぃぃ。派遣だから適当でいいかと思ってました。ちゃんと学びます!



業界人がオススメする派遣会社はコチラ >




◆派遣会社の目的と思惑を教えます

派遣スタッフ面接


派遣会社は売上をあげる事が目的であって、派遣スタッフに面接で受かってもらって、
働いてもらわないと意味がない。

だから、どのこの企業にも受からなそうな派遣スタッフには冷たく接したり、登録すらしてもらえない可能性もあります。「年齢を重ねると登録拒否される」って話しを聞きますが、これは年齢がというよりはスキルや経験などを加味して「受かりそうな企業が少ない」っという判断を派遣会社側がしているからなんです。


50代であっても今まで長期でしっかり働いている信頼のある人には仕事紹介がされます。

またはスキルが高くても紹介はされます。年齢だけで判断されているのではなく、派遣会社側の基準は「採用されるかどうか」言い換えると「売上が上がるかどうか」なんです。


派遣業界人

派遣で働く50代の方を大勢見てますので、そのへんは年齢の壁って解釈をしないようにしてください!派遣会社によって、持ってる求人が違うので、いろんな派遣会社に諦めずに登録してみる事が重要です。



派遣スタッフの本性


派遣の仕事がスタートしてからは「長く働いてもらいたい」っという事を派遣会社側は考えています。派遣スタッフが働いてくれている期間に売上が発生しているので当然ですよね。

だからこそ、派遣スタッフが辞めたくなった時に本性を現すんです。

「辞めたい」っていう相談に対して無理やりにでも契約延長させる説得をしてきます。

派遣業界人

契約延長の説得をしない派遣担当者はほぼいないんじゃないですかねー。
いるとしたら、ヤル気ない人か退職考えている人。笑

派犬

契約延長させようと説得してきても「キタ!定例行事」って思ってればいいのじゃ。
派遣は辞めたい時に辞めるのが一番。自分の意志をちゃんと伝えるべし。

派遣スタッフ

確かに私が「派遣を辞めようか考えてます。」って伝えた時、
「今はタイミングが良くないからあと3か月延長して様子をみましょう。」って言われました。

派遣業界人

ユウコはそれで3か月延長したんだよね?

派遣スタッフ

3か月延長しました。タイミング良くないって言われたから。。。

派遣スタッフ

それは派遣担当者の一番多い説得手段じゃ。
それ以外にも説得手段はいろいろあるぞ!


・専門家ぶって求人が少ないアピール

「求人が少ない時期だから、今は辞めるべきじゃないですよ!」


・やりたい事がない事に付け込む

「やりたい事がないなら、見つかるまではここで頑張りましょう。」


・企業側が困っちゃうんです!

「〇〇さんに辞められちゃうと、業務がまわらなく困るんです!」
「後任の方がすぐに見つからないので3か月延長してください。」


・時給アップを餌にしてくる

「契約を延長してくれたら時給アップしますからお願いします!」



派犬

他にもいろんな説得手段があるじゃろ。
実際にこんな説得されたっていうのがあれば、下記から募集していくので教えてくれぃ。

派遣スタッフ

派遣会社の思惑は怖いけど、これを知った上で働いた方が絶対お得じゃん!

派遣業界人

何も知らないと派遣会社にいいように使われるだけだから気を付けなきゃ。




◆面倒な派遣スタッフは嫌われる


面倒な派遣スタッフ


派遣会社の担当者と派遣スタッフというのは微妙な関係です。

良きビジネスパートナーというのが最も良い関係ですが、就業環境が悪かったり、本来の業務ではない仕事を任されたり、派遣という仕事は多くの問題が起こり得るものです。そうなると良きビジネスパートナーでいられなくなってしまいます。


上記で解説した通り、派遣会社の目的は売上を上げる事。

就業先での悩みや相談を電話で聞いたり、何度も面談したりと、ちょっと手間のかかるような派遣スタッフと、働き出して順調に何の問題もない派遣スタッフは売上的には変わりません。当然、手間がかからずに順調に働く派遣スタッフの方が良いに決まってます。



派遣会社メモ


何度も何度もしつこいくらい電話すると、面倒な派遣スタッフというレッテルを貼られてしまいブラックリストに入れられてしまうかもしれません。実際に、話し相手欲しさに営業担当と長電話する派遣スタッフはいるんです。寂しい30代女性に多いかも。


驚く派遣スタッフ

営業担当の人は「小さな事でも何でも電話してください!」って親切に言ってくれますよ。
それなのにブラックリストって酷い。。。

派遣業界人

派遣会社もビジネスしてるんだから限度ってものがあるのよ。

派犬

若くて可愛い女性派遣スタッフの場合には、男性営業担当が親身になるかもしれんな。
モラルに欠ける社員が多いのは現実だし、派遣スタッフと営業担当の恋愛話しも聞いたりするな。


業界人がオススメする派遣会社はコチラ >


派遣スタッフの裏事情をぶっちゃける


派遣スタッフは派遣会社にとって商品であり、派遣スタッフなくしては売上もビジネスもままなりません。表面的には派遣登録会で丁寧に扱われたり、登録面談では親切に求人やこんごのキャリアについてアドバイスしてくれると思います。

ただ、これは表の顔であって、裏ではしっかりと評価をされています。
言い方は悪いかもしれませんが「派遣スタッフを商品と考えた品定めの場」なのです。

派遣会社もビジネスをしているので仕方ないですよね。しっかりと働いてくれる派遣スタッフを企業に派遣して働いてもらわないといけないのだから。。。


驚く派遣スタッフ

品定めって怖っ!!

派遣業界人

派遣登録に来られる人は様々なタイプがいるので、
ちゃんと個性を考えないと企業と合わずにトラブルになってしまうんです。

派遣スタッフ

何も考えずに派遣登録しちゃった。実際にどのへんを見られてるんですか?

派犬

派遣会社が見ている部分を説明するから、他の派遣会社に登録する際には注意するんじゃぞ!




◆派遣会社が見ているポイント


派遣登録紹介できない


まず派遣登録の時の印象が最も重要です。
印象というのは、話し方だったり雰囲気だったり、人当たりの良さなどです。

派遣スタッフは企業に派遣されて働く訳ですから、企業の中で明るく雰囲気良く働けるかを最重要視しています。スキルが無くても、この印象だけで仕事が決まったりするほどです。

だからこそ、派遣登録の際には派手な服装ではなく、ジャケットなどのフォーマルな感じで。メイクはナチュラルで、髪型もしっかりとセットしていく。


話し方も重要で、スキルや経歴をちゃんと伝えたいがために一方的に話しをしてしまう派遣スタッフが多いです。経歴の説明もコミュニケーションが重要なので、聞かれたことにだけキッチリ回答するようにしましょう。

さらに、変に堅くなる必要はなく、適度にフランクな対応でOK。
重視すべきポイントは、一緒に働きたいなって思ってもらえるような会話です。


派遣スタッフ

派遣登録の時に何も考えてなかったけど、私フランクに話して仲良くなったからオッケーだね!

派遣業界人

まぁそれはそれでオッケーだけど、フランクすぎると金融業界NG。
IT業界がオススメとかって内部資料に書かれてるよ。

驚く派遣スタッフ

えっ!?まじ。。。

派犬

当然じゃろ。言葉使いができてない派遣スタッフは社会人としてのルールも乏しいと判断されておる。金融業界はルールや規律が厳しいからそんな派遣スタッフを働かせてしまうとトラブルになってしまうわい。

派遣スタッフ

こっちがそんな会社は嫌だし、フランクで雰囲気が良い会社がいいもん!!

派犬

そういう企業との相性を派遣登録では見てるんじゃよ。




◆ブラックリストの存在

派遣で働いている人達は聞いたことがあるフレーズでしょう。
派遣会社のデータベースにはブラックリストというのが存在しています。

企業側とトラブルを起こすような派遣スタッフは一発でブラックリスト行きです。派遣会社が一番嫌がるのは、企業担当者に嫌われてしまい、今後求人をもらえなくなってしまう事。

派遣スタッフ1人のトラブルのせいで、多くの求人の枠を潰されてしまうのです。
当然、売上にも響きますし、会社の信用も損なわれてしまいます。


こういったトラブルが起きないように、派遣会社側も細心の注意を払って要注意人物は早めに特定するように動いているのです。具体的には、お仕事紹介時の電話対応もどんな雰囲気だったかメモをシステム上に残しています。


驚く派遣スタッフ

寝起きで電話対応してしまって、「暗い、印象悪い」っていう感じでメモられちゃうの!?

派遣業界人

当然でしょ。昼間に電話して寝てるって時点で印象悪いし、
派遣会社側は些細な事からもあなたの人柄を探ろうとしてるのよ。

驚く派遣スタッフ

怖っ!!最悪すぎる。


ただ、電話対応はそれほど重要視していないのが現実で、何よりも重要なのが仕事ぶりです。1度派遣スタッフとして勤務すると、派遣会社側は様々な情報が入手できます。


派遣会社が得られる派遣スタッフの情報

1、企業側からの評価
2、職場での印象や雰囲気
3、遅刻や欠勤の勤怠面
4、長期的に勤務できるかどうか
5、ストレス耐性
6、派遣担当者の評価

これらの情報を社内のデータベースへ入力をしています。
次にお仕事紹介する社員が参考にしますので、評価が高ければ安心して求人を紹介します。

派遣会社は身内を信じる傾向にありますので、派遣担当者に直接派遣スタッフの印象を聞いたりして内部連携をとります。なので、評判の良い派遣スタッフは途切れる事なく良い仕事が紹介される事になります。

逆に派遣先での仕事評価が悪いと、悪い内容をデータベースに書かれます。

当然、お仕事紹介は減りますし、紹介があったとしても他の派遣スタッフがやりたがらないようなブラック企業の求人だったりします。


驚く派遣スタッフ

ひぃぃぃ。ブラック企業嫌だ~。

派遣業界人

1度でも何かトラブルがあると仕事紹介はしにくくなるよね。

派犬

でも安心材料はあるぞ。ブラックリストは各派遣会社で共有されていないんじゃ。
たまたま悪印象を与えてしまっても、違う派遣会社に登録すればちゃんと仕事が紹介されるぞ!


仕事紹介が極端に減った場合や、最初から少ない場合には、その派遣会社に問い合わせたり紹介が少ない理由を聞いたりせずに、他の派遣会社に登録するようにしましょう。

「仕事紹介してください!」っといくらお願いしても、社内のメモによって紹介はされないでしょう。「良い求人があったら紹介します。」などと交わされるだけです。

嫌な気持ちになり時間の無駄ですので、新しい派遣会社に登録するようにしましょう!


業界人がオススメする派遣会社はコチラ >



派遣会社の上手な活用方法


派遣会社の活用方法


派遣会社と上手に付き合っていけば、優良求人を優先して紹介されたり、時給アップしてくれたり、何よりも仕事を気持ちよくしていけるでしょう。それには派遣会社と独特な距離感が大事で、そのあたり多くの派遣スタッフと向き合ってきた業界人がご説明していきます。


派遣スタッフ

知りたい!知りたい!!攻略法的なやつね。

派遣業界人

まぁ知って損する事じゃないからね。ちゃんと理解しておくといいわ。




◆適度なフレンドリーさを保つ

まず大切なのが、派遣会社は味方という意識でいることです。就業先で何かあった場合に守ってくれるのは派遣会社ですし、残業代だって有給休暇だって取る事ができます。

そんな派遣会社の担当に対しては何でも" 本音で話す事 "を心がけてください。本音で話すことによって担当者との信頼関係が生まれ、困ったときにしっかりと対応してくれます。


人材業界で働く人は嘘を見抜く目が鋭い

派遣会社では毎日多くの人と会って話します。
職務経歴の説明や自己PRを聞く中で、自然と嘘っぽいところを見抜く技が養われているんです。「これくらいバレないだろう」っという軽い気持ちで話した事が、派遣担当者にとっては違和感となり、信用できない人なのかもしれないっという無駄な悪印象を与えてしまいます。

相手をすぐ疑ってしまうというのは職業病といった感じなので、話しを盛りすぎたり、大げさに言い過ぎたりは禁物です。 ※それほど嘘をつく人が多いから、疑う目が養われるんですけどね。笑

なるべくビジネス的な接し方よりも、フレンドリーな方が関係構築には有効です。ビジネスとはいえ相手も人間だから、気持ちよく対応していける人と働けた方がいいんです。

※派遣会社とコミュニケーションが上手な方はよくプライベートな話しを多くするので、
なるべく心を開いて仕事以外のことを話すといいと思います。


驚く派遣業界人

私はもう十分フレンドリーだから大丈夫ね!

派遣業界人

あんたはもうちょっとビジネスマナーを学びなさい。




◆時給アップの裏技

時給というのは派遣会社ごとに設定されている利益率が異なるので、
同じ仕事であってもバラバラな可能性があります。


時給アップの裏技


時給というのは意外と適当に決められており、時給50円くらいのアップならば、
簡単に上がるケースが多いです。

一番簡単な方法は、他の派遣会社から来ている派遣スタッフと仲良くなりましょう。
さりげなく時給を聞いてみて、自分との時給の差を確認してみましょう。

きっと企業側は同じ金額を支払っているので、派遣会社側が多く時給を抜いているのかがわかります。もし自分の方が少なければ、すぐに派遣担当者に確認を取れば、きっと時給を上げてもらえるでしょう。


驚く派遣スタッフ

こんなことってあるの!?

派遣業界人

たくさんあるわよ。だから派遣スタッフ同士で時給は言わないようにって釘を刺したりするのよ。

派犬

世の中、知られたくない事はたくさんあるのじゃ。


さらに、契約更新時に時給交渉を説明します。
上記で書いているように、派遣会社は契約を延長して欲しくてたまらないんです。

そこを逆手にとって、
「今の時給じゃ続けられないかもしれない。」
「他に時給の高い仕事があってそっちが気になってます。」

このダブルパンチで営業担当は時給アップを考えます。
もし、自分の裁量で時給アップが厳しければ、上司に相談する事でしょう。

上司に相談して数日経っても時給が上がらなければ、我慢して続ければいいんですからね。派遣スタッフには何のデメリットもなく、時給が上がるかもしれないメリットだけです。



さらに、派遣先を探す就職活動時の時給アップです。同じ派遣会社では2つの求人を同時に進める事が難しい場合がありますので、まずは派遣会社に2社以上登録をして、内定を2社とってください。

内定を2社とってしまえば、派遣会社側は派遣スタッフに働いて欲しい気持ちを全面に出してきます。 時給アップの決めてとなるフレーズは下記です。

「是非この職場で働きたいんですが、もう1つ内定を取った職場の方が時給が高いんです。」

「もし同じ時給ならすぐに決めるんですけれども。。。」

「その時給は〇〇〇〇円なんです。」


ここでの時給は多少盛ってしまってOKです。バレません。

上記の多少盛った時給にしてもらうのは厳しいかもしれませんが、
派遣会社の取り分を最大限に下げて、派遣スタッフの時給を最大にしてくれるでしょう。


こうする事でこの企業の最大の時給で派遣勤務スタートすることができます。


働くスタッフ

めっちゃ良い方法だね!私これやろう。

派遣業界人

派遣会社としては他の派遣会社に行かれてしまう事が最大のデメリットと考えているから、時給を上げてでも働いてもらいたいんですよね。

派犬

派遣スタッフが強気に出れるから、どんどん交渉すべきじゃな。




◆契約終了しても関係を保つ

派遣会社というのは派遣スタッフの情報を財産としているので、派遣期間の契約が終了しても営業担当やコーディネーターとの連絡はとっておくようにしましょう。もちろん他の派遣会社経由で仕事が決まってしまってもです。

1度派遣会社を経由して働くと、上記でも書いていますが仕事ぶりのデータを残しています。このデータがあれば、新規で登録に来る派遣スタッフよりも優先して良い仕事を紹介されるのです。

ただ、ちゃんと連絡をとっていないと、あなたが今どんな状況なのか派遣会社はわかりません。何か月に1度のペースで構わないので、「今、〇〇会社で働いててこんな感じですよ。」というメールを送っておきましょう。

人間関係をしっかり作っておけば、次回仕事を探す際に優先的に時給の高い優良求人を紹介してくれます。


派犬

人材業界は何だかんだで人間関係が大事なんじゃ。

派遣スタッフ

私連絡とか面倒だし、逆に派遣会社からの連絡を無視しちゃう事もあるかも。

派遣業界人

連絡しても無視する派遣スタッフいるいる。そういうのはやめてね!!

驚く派遣スタッフ

はい。。。


派遣会社に何社登録している

実際に派遣スタッフは多くの派遣会社を並行して活用している。
複数社を活用することのメリットは大きいので、なるべく多く登録しておくようにしよう。


業界人がオススメする派遣会社はコチラ >



業界人が考えるオススメの派遣会社


オススメ派遣会社紹介


「オススメの派遣会社はどこですか?」っという風にたくさん聞かれます。

求人数なのか、福利厚生だったり、担当者の対応だったり、様々なポイントはありますが、派遣会社は何千人という社員がいてすべての人が素晴らしいなんてことはありえません。

その中で、具体的に教えてくださいと言われたら
「大手派遣会社を選びなさい。」という風に答えています。

中小の派遣会社は良い会社もありますが、利益目線で派遣スタッフと向き合っていたり、売上ノルマが高すぎて非人道的な面も見受けられるからです。また、福利厚生や営業担当の教育がままならず、ずさんな対応をしている声も聞きます。すべてではなくても人生で大切な仕事を選ぶ際には安全な派遣会社を選ぶべきです。



さらに、大手派遣会社の中ではどこが良いですか?っと聞かれたら、

「テンプスタッフを推します」

テンプスタッフは創業者が女性で、社員に優しい社風で離職率が低い派遣会社なんです。

残業が多く安月給なブラック臭がする派遣会社にあって、非常に業界でも評判が高い派遣会社です。それは派遣スタッフの対応にも繋がっており、派遣スタッフ1人1人の仕事を親身に考えて紹介し、就業中のサポートも丁寧かつ迅速に対応してくれるようです。

派遣で働くならば、テンプスタッフには登録しておいた方が良いでしょう。



また、次にオススメできる派遣会社としては、
「スタッフサービスを推します」

求人の紹介がスピーディーかつ確で、時給が他社よりも高いと評判です。学歴や経歴に自信がなかったり、年齢が高い、職歴を刻みすぎているなど悩んでいる人にはオススメです。

他の大手派遣会社よりも受入れハードルが低く、自信の持てない派遣スタッフでも自分に合った求人を紹介されるはずです。


派遣会社に勤めていて感じることは、いかに派遣会社とうまく向き合って活用していくか。

どの派遣会社がオススメとか良いとかではなく、 「派遣会社はあなた自身でカスタマイズしていくもの。」という感覚でいてもらいたいと思います。

派遣会社は仕事を紹介してくれるツールにすぎないかもしれませんが、 あなたの接し方や対応次第で大きく変わりますので、うまく付き合っていってもらいたいと思います。


人材業界には表と裏が存在している事は事実ですので、そのあたりを知ってもらい、
より良い派遣生活が送れるように効果的に活用してもらえれば幸いです。


PAGE TOP
PAGE TOP