派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 営業が派遣スタッフに会いにいかない理由

営業が派遣スタッフに会いにいかない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

派遣スタッフから出る不満で多いのは「派遣営業マンが職場に来ない」です。

仕事をしないでさぼっているのではないか、
私の会社だけフォローに来ないのではないか、という声を聞くので
“派遣営業マンの実態” についてお話させてもらいます。

派遣営業マンは仕事をサボってる?

大手派遣会社では、
一人の営業マンが担当する派遣スタッフは60~100名とされています。

あくまでも平均値であって中・小規模の派遣会社では150名を超えている営業マンがいます。
一般的には80名ぐらいが限界の人数と言われています。

派遣営業マンが会社を訪問する時は、
クライアント側と派遣スタッフ側の両方に顔を出さなければいけません。

単純に計算すると、担当している派遣スタッフ80名+就業先担当者80名=160名、
一か月の営業日が20日とすると1日に8名に会う作業を毎日行う計算です。

派遣スタッフや就業先の担当者だけに会うのが仕事ではなく、
クレーム対応、新規求人の獲得、契約更新手続き、職場見学…数多くの業務をこなしています。

派遣営業をやっていた経験から言うと会いに行きたくても月に一度ぐらいしか行けません。

大手派遣会社は求人を獲得してくる営業マンと
派遣スタッフをフォローする担当者を分けますがごく一部です。
薄利多売な派遣業界は派遣スタッフをフォローする為に人を増やすのは難しいでしょう。

私自身、派遣営業時代は終電になって仕事を切り上げて帰る毎日で、
土日に仕事が持ち越してしまうことも多くありました。

ブラックな働きが当たり前

一般的な企業の営業に比べると心が病んで辞める人が多くいます。

一部の派遣会社を除いては夜中まで働いて土日も出社する会社はありますし、
心身ともに疲れ切っている営業マンはたくさんいる気がします。

毎月のように派遣会社では営業マンが入れ替わっているといっても過言じゃありません。
派遣スタッフにとってみれば、 “派遣営業マンがコロコロ変わる” と感じてしまうでしょう。

派遣会社に今以上のフォロー体制を求めるのは難しいので
派遣スタッフがストレスに感じない為にも “派遣営業のフォローはこんなもんだ”
と考えるのも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP