派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 派遣スタッフ必見!!時給アップ交渉術

派遣スタッフ必見!!時給アップ交渉術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

1、なるべく多くの派遣会社に登録して交渉の幅を持つ

派遣会社から言われたままの時給で納得していませんか?
少しの工夫で意外と簡単に時給は変わります。

例えば、
●就業前の場合:他社から○○○○円で仕事を紹介されてまして…。
こっちの仕事の方がやりたいんですが生活もあるのでなんとかなりませんか?

就業前に交渉する場合は、他社情報が大事になってくるので
1社ではなく複数で進めた方がリアルな情報を交渉材料にできます

●就業中の場合:同じ仕事をしているのに他社だと○○○○円なんです。
これじゃモチベーションが…同じぐらいまで上げてもらえませんか?

就業中は同じ業務の派遣スタッフの時給を交渉材料に使うのが最も有効です。
他社から紹介があって…という理由も使えますが、
信憑性のある情報を用意しておく必要性があります。

まずは常に情報取得を心がけ、日々大きく変わる派遣の時給相場に敏感になり、
時給アップ交渉のネタにしましょう。

2、登録時は多少高めに、転職時は同時給以上を希望する

派遣会社側としてはなるべく安く働いてもらうに越したことはありません。

もし登録時に謙虚に希望時給を安く言ってしまうと、
派遣会社もビジネスですから安い時給で紹介
されてしまいます。

高い時給設定だと仕事が紹介されないと思われがちですが、
○○○○円の時給が限界のお仕事ですがどうですか?
と派遣会社の利益率最低の条件で紹介されるケースもあります。

転職時には他の派遣会社から○○○○円紹介されている等として
派遣会社から提示された情報すべてを鵜呑みにするのではなく、
有利な立場にたてるような紹介のされ方を目指して下さい。

3、定期的に自身の評価を聞く

何も言わずに契約更新の連絡を派遣会社から受けて
「OKです。よろしくお願いします。」
の一つ返事を繰り返していたら、進展はありません。

むしろ派遣会社の営業マンとしては
手がかからない最高の派遣スタッフとして、今後も何もしないでしょう
派遣会社というのはそういうものです。

では、どうしたら良いか。

自身の評価を営業マンに頼んで半年に1度は企業担当者に聞いて下さい
どういう評価なのか、どんな働き方をしているのか、を営業マンが把握します。
ここから昇給にあたいするのか?という流れに発展するのです。

評価をされた上で時給交渉をした方が成功する確率が上がります。

4、しっかりとアピールする、自分を売り込む

派遣スタッフさんはある意味個人で勝負をする世界であり、
しっかりと自己ブランディングをする必要があります。

就業先での評価や状況、他の人と比べてどうか、
後から入った方の教育を任されているなど、
しっかりと派遣先に伝えてアピールしましょう。

派遣先の評価が無ければ時給が上がる時期も遅くなりますし、
評価が無かったら上げる必要なしと派遣会社は考えます。

5、イレギュラーケース

派遣会社がスタッフに対してミスを犯した時に時給が上がるケースがあります。

ミスがスタッフに対して問題があったりする場合は、
契約更新に関わらずアップしてくれる可能性があります。

例えば、顔合わせ前に話していた内容と、実際の業務が全然違っていたとか。
そういう場合は、「時給50円アップするから頑張ってよ!」
なんて頼まれることもあり得ます。

時給交渉に大切なこと

時給は就業環境の次に不満を多く持たれます。
よりよく派遣生活を送って行く為にも
どうしたら時給が上がるのかを覚えておいて下さい。

時給交渉で重要なのは知識があるかどうかです。
派遣会社任せにしていると上げてほしいタイミングで
上がることはあり得ません。

派遣スタッフ自身が時給を上げる方法やタイミングを
理解しているだけでも何倍も時給を上げやすくなります。

★ 業界人がオススメする派遣会社 ★★ オススメ派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP