ジョブチェキの評判は?特徴・求人数・上手な活用方法を徹底分析!

ジョブチェキの評判は?特徴・求人数・上手な活用方法を徹底分析!

皆さんは今の仕事に満足されていますか?
「今のアルバイトの仕事より良い条件で働けないかな」「新しい派遣会社で仕事を探してみようかな」などと考えている方はたくさんいるでしょう。

勤務地や仕事内容、待遇面などから選ばれている働き方が『派遣』です!派遣といっても、派遣会社は全国で8万もの事業所があり、その分、世の中に派遣求人はあふれています。

派遣会社のことは気にも止めず、派遣求人内容だけを見て仕事を選ぶ方はたくさんいます。
ただし、それにはリスクがつくのをご存知ですか?

実は、派遣求人内容と同じぐらい「どこの派遣会社の募集」なのかは重要なポイントとなります。

派遣会社選びで失敗しないためには、各派遣会社の特徴や実績などを調べる必要があるということです。

そこで、派遣社員の口コミでの高い評価や業界No.1の業績を6年連続で獲得している業界大手の派遣会社であるテンプスタッフの求人検索サイト『ジョブチェキ』を紹介します。

ジョブチェキでは、あなたの希望する条件(勤務地・職種・時給など)を指定し、希望条件にあった求人情報を抽出します。後は、働きたい仕事を見つけたら、エントリーボタンをクリックするだけでOKです。

今回は、そんなジョブチェキの特徴や流れ、活用方法などについてわかりやすく解説します。 

目次

そもそもジョブチェキって何?

ジョブチェキとは、テンプスタッフの求人(派遣・紹介予定派遣・正社員など)をパソコンやスマートフォンを使って探すことのできる求人検索サイトです。

経験値を生かすことのできる専門的な仕事から、未経験の方でも気軽に応募できる仕事まで、常時30,000件以上の求人掲載があり、幅広く仕事を探せます。

「憧れの有名企業で働きたい」「未経験だけど事務経験を積みたい」「子供の関係で週4日以内で働きたい」など、あなたの夢や現実にマッチした求人にチャレンジできるため、幅広い年代の方々がジョブチェキを利用しています。

後は、細かいあなたの希望条件(職種・勤務地・時給など)を登録するだけで、その条件に当てはまる求人を探すことが簡単にできる便利なシステムです。

少し余談になりますが、テンプスタッフの創業者は女性です。その創業者が「女性が働きやすい社会を実現していく」ことをスローガンに揚げスタートしているだけあって、テンプスタッフの派遣社員からの口コミ評価には、不平不満などが圧倒的に少ないといった特徴があります。

ジョブチェキを利用し仕事を探す方の中には、業界トップクラスの求人件数があるだけでなく、働く女性としてしっかりとキャリアを積みやすく、女性目線で信頼・安心ができる派遣会社といった印象などがテンプスタッフにあるのではないでしょうか。 

 

ジョブチェキの特徴って?

ジョブチェキの特徴の一つに、5分で簡単に登録することができる『クイックWEB登録』といったサービスがあります。あなたの氏名・年齢などの基本的な情報プラス希望条件を入力するだけで登録完了です。

登録完了後に、あなた専用のMYページを開設することによって、より効率的に仕事探しができるようになるため、なかなか時間が取れない方や早く仕事を見つけたい方にはおすすめです。

希望条件にマッチする仕事の新着情報などをメールで教えてくれるサービスがあり、非常に便利です。さらにその詳細を知りたい場合は、「担当オフィス」と記載がありますので、担当オフィスに電話やメールなどで問い合わせができますので、安心できます。

さらに登録者には、スキルアップを目的とした様々な研修を受講することができるサービスがあります!

「OAスキルを高めたい」や「資格を取得したい」方向けのe-ラーニングや実務に即したオリジナル講座などが受講できるため、スキルに自身が無い方やさらにスキルアップを目指したい方などには最適なサービスといえるでしょう。

ジョブチェキの求人検索では、業界トップクラスの求人数を保持しているからこそ、登録者が細かい条件検索をかけることができるということです。

例えば、「女性の多い職場」や「20代活躍中」などの勤務先(派遣先企業)の特徴やあなたの生かしたい資格・経験などから、より絞った形で仕事を探せます。あなたが求める働く条件にマッチする勤務先を効率的に探しやすいことが特徴といえるでしょう。

ジョブチェキでは自分で仕事を探すことできますが、テンプスタッフからの仕事紹介を受けることができません。

仕事紹介を受けたい方は、派遣登録会に参加する必要がありますので注意してくださいね。
テンプスタッフでは公開している30,000件以上の求人以外に「非公開求人」などもあるため、仕事探しで幅を広げたい方は派遣登録会に参加することをおすすめします。

 

どんな仕事があるの?

ジョブチェキでは、大手企業や有名企業などの優良企業の求人が多く掲載されています。その分、業界で高い知名度を誇る企業やアッと驚く一流企業など、憧れの企業で働けるチャンスがあるということです。

新卒採用や中途採用では狭き門とされている企業であっても、派遣の場合は間口が広くなります。

多くの優良企業の求人掲載があるということは、『テンプスタッフに対する信頼』があるということ。「テンプスタッフに対する信頼」は、「テンプスタッフの評価の高い派遣社員」から生まれているといっても過言ではありません。

テンプスタッフの派遣社員から、そのまま優良企業の正社員として直接雇用に発展した実績も多数あるほどです。それだけにエントリーの重複は避けることは難しいため、派遣社員同士での社内選考が激戦区となる可能性が高いといえるでしょう。

ジョブチェキにおける優良企業を含めた全ての中心職種は『オフィスワーク』です。ジョブチェキでは、営業事務やOA事務などの事務職やコールセンター業務などのオフィスワークの仕事を多く求人掲載をしているため、オフィス系を中心に仕事を探している方向けの環境が整っているといえるでしょう。

そして、事務未経験の方から支持が高いことも特徴の一つです。ジョブチェキでは未経験者歓迎の求人が多数あり、事務経験などを積むチャンスがあるため、20~30代の女性から人気を集めているということです。

 

エントリー後の流れって?

あなたの希望条件にマッチした仕事を見つけてエントリーしたから終わりではありません。あくまでも、エントリーのみで仕事が確約したわけではないからです。

エントリー後の流れは以下の2パターンになります。

パターン①
①登録したメールアドレスにエントリー完了通知が届く
②テンプスタッフから電話連絡(仕事の詳細説明)が入る
③テンプスタッフ側で応募者(エントリー者)の中から社内選考を行う
④テンプスタッフから電話連絡(社内選考の結果:通過)が入る
⑤エントリーした派遣先の職場見学の日程を調整する
⑥派遣先で職場見学を行う
パターン②
①登録したメールアドレスにエントリー完了通知が届く
②テンプスタッフから電話連絡(仕事の詳細説明)が入る
③テンプスタッフ側で応募者(エントリー者)の中から社内選考を行う
④テンプスタッフから電話連絡(社内選考の結果:落選)が入る
⑤他の仕事を探す

エントリー後は、どちらの場合であってもテンプスタッフからの電話連絡(仕事の詳細説明)を待つことになります。早ければエントリーから数時間後、遅くても翌日には電話連絡があるケースがほとんどです。

電話連絡時に仕事の詳細説明を聞いて、「エントリーの最終確認」が行われることになります。「思っていた仕事と少し違うなぁ」や「他の仕事の方が良いかも」などと思った場合は、率直に『辞退』する意思を伝えましょう。

辞退によって、今後の仕事探しであなたが不利益になることはありませんのでご安心を。エントリーの最終確認後、数日の間に社内選考結果連絡が入ります。

実はその社内選考こそが重要なポイントとなるのです。例えば、募集人数1名に対して、応募者(エントリー者)が3名いたとすると、3名とも社内選考を通過することはありません。落選した場合には、その仕事とは縁が無かったと割り切って、すぐに他の仕事を探しましょう。

社内選考は1日~数日かかる場合がありますので、社内選考結果を待つ間に、他に興味のある仕事を探しておくとタイムロスを防ぐことができます。

社内選考通過後は、派遣先で職場見学をすることになります。職場見学とは、派遣先とあなたが働く前に顔を合わせておくことを意味します。

実際に職場もわからないまま働くことってできないですよね。実際に目で確認しておくことで、双方(派遣先とあなた)が安心できるというわけです。そして、双方合意のもと、晴れて『派遣社員として働く』ことになるのです!

 

うまくジョブチェキを活用する方法ってある?

どうせならジョブチェキをうまく活用して、スムーズに働きたいですよね?

「ジョブチェキで求人検索するとたくさんヒットするから大丈夫でしょ!」と安心してはいけません。しっかりとジョブチェキのエントリー後の流れや社内選考などを頭に入れつつ、仕事を探す必要があるということです。

あなたが希望する働く環境や条件のイメージを持っておくことによって、ジョブチェキの求人に対するアンテナを常に張っておくことができるでしょう。

アンテナ次第では、あなたが気付いた時にはエントリー受付が終わってしまったり、エントリーしたもののわずかな差で社内選考が終わってしまっていたなどを招いてしまう危険が潜んでいるのです。

ジョブチェキのメールサービスなどを活用しつつ、希望条件にマッチした仕事と出会うチャンスを見逃さないようにしましょう。

 

仕事ってすぐできる?

仕事をすぐできる人もいれば、なかなか仕事ができない人もいます。「じゃあその差って何なの?」と疑問に思った方はたくさんいるでしょう。

もちろん経験が優遇される仕事もありますが、一番のポイントは『タイミング』です。
いくら豊富な経験があったとしても、タイミングが合わず仕事を探し続けることになるかもしれません。

ジョブチェキからエントリーしてから、とんとん拍子で翌日には職場見学を行い、エントリーから2日後には仕事をしている方も実在します。

エントリーする時期や社内選考の進捗、仕事開始日などのタイミングによって大きく変わります。

時給が高いなどの人気のある仕事の場合、エントリー者はあなただけとは限りません。複数のエントリーがあれば、その中から社内選考をする必要がありますし、その時々の状況によってくるということです。

すぐに仕事を始めたい方は、「即日勤務」の仕事を中心に探しましょう。ジョブチェキの求人検索から「勤務開始日」を絞ることができますので、「〇月上旬スタート」や「△月下旬スタート」など、希望する勤務開始日から仕事を探すことも一つの手段となります。

全ての希望条件とマッチする仕事と巡り合えるかどうかは、誰もがわかりません。「希望する勤務地が遠くなるけど仕事内容に魅力がある」や「希望する仕事内容とは少し違うけど高い時給に魅力がある」などの希望条件とのズレがあっても、それを補える魅力があればエントリーするかもしれないからです。

中には、希望条件だけは譲れないから条件に合った仕事が見つかるまでは、徹底して探す方もいます。

仕事がすぐできるできないは、『タイミング』と『あなたの仕事に対する価値観』によるということです。

 

なかなか話が進まないときってどうすればいい?

ジョブチェキからエントリーしたものの、その後なかなか電話連絡がこない場合もあります。仕事を探している立場上、電話連絡がこないと不安になりますよね。

先ほども解説しましたが、基本的にはエントリーから電話連絡がくる目安は『1日以内』と思っていてください。電話連絡が1日待ってもこない場合は、テンプスタッフのコールセンターに問い合わせしても良いでしょう。

「昨日ジョブチェキからエントリーした〇〇と申します。ジョブチェキIDは△△です。電話連絡がきてませんので連絡しました。」とそのまま伝えれば問題ありません。
問い合わせに対して、社内選考中などの電話連絡がまだできていない理由を説明してもらえますので、どの程度の日数を待てば社内選考結果が出るのかを確認しておきましょう。

エントリー後の電話連絡が遅いからといって社内選考を通過する見込みがないというわけではありませんので、安心してくださいね。

ただし、エントリーした仕事と縁がなかった可能性もあるため、なかなか話が進まないときほど、「エントリーしたから終わりではなく、他の新着求人など気になる仕事をピックアップしておく」ことが大切となります。

例えば、電話連絡がありエントリー結果が落選だったとしても、「実は〇〇の仕事にも興味があるのですが、詳しく教えてもらえませんか?よければそのままエントリーを考えています。」などと常にアンテナを張っておくことで、タイムロスを防げるからです。

また、社内選考が通過しなかった場合、自分に足りないもの(経験・OAスキル・その他条件など)は何なのかを知るチャンスでもあるのです!

仮にOAスキルが不足していたなら、他でも同じことにならないためにもテンプスタッフのスキルアップ講座を受講するなどでOAスキルを磨きながら、他の仕事を探してみましょう。

なかなか話が進まないからといって、決して諦める必要はありません!
たとえ他の派遣会社に頼っても、結果は一緒でしょう。

自分に足りないものは何なのか、自分が努力して補えるものなのかなどを考えることによって、今の自分としっかり向き合い、今後自分が目指す方向性がはっきりしてくるでしょう。

 

まとめ

数ある求人検索サイトの中から、どの求人検索サイトを利用するかはあなた次第です。何も考えず、ただやみくもに仕事を探すのは非効率であることを頭に入れておきましょう。

あなたに合った求人検索サイトは、今回解説しましたジョブチェキとも限りません。

高い口コミ評価や業界No.1の実績からテンプスタッフを選択している方、つまり、ジョブチェキを選択している方はたくさんいるということは事実です。

世の中にはニュースを賑わすようや悪徳な派遣会社も存在するため、後悔しないためにもあなたが信頼できる派遣会社を選び、納得できる仕事につくことがあなたの将来につながるということです。

この記事をシェアする

PAGE TOP