派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 派遣社員必見!無期雇用派遣について8つのメリット・デメリット

派遣社員必見!無期雇用派遣について8つのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

現在、派遣業界でこれまでに例のない改革がスタートしています。
皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。

それは「無期雇用派遣」です!派遣業界を飛び越え、世間で話題となっています。

「興味はあるけど、よくわからないし…」や「よく知らないけど、私には縁がないのかなぁ…」等といった方は、是非この機会に無期雇用派遣について理解ください。
あなたの将来にも大きく関わってきますので!

今回は、そんな無期雇用派遣の仕組からメリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。

業界人

あなたの将来性にも大きく関わってくる可能性がある無期雇用派遣について、知識をつけておきましょう。

業界人

無期雇用派遣って聞いたことはあるけど、登録型派遣と何が違うのか理解しておくべき!なんですね。


無期雇用派遣とは

■そもそも無期雇用派遣って何?


無期雇用派遣とは、これまで有期契約(期間の定めがある契約)であった派遣社員等を無期契約(期間の定めがない契約)として雇用関係を結ぶことを意味します。

有期契約って何?と思われた方もいるかと思います。
わかりやすくいうと、「3ヶ月更新等の派遣契約」のことを指します。

派遣社員の多くは、1ヶ月更新の方もいれば、3ヶ月更新や半年更新等の契約で日々働いています。数ヶ月に一回程度で、派遣会社から派遣社員に対して、「次回も引き続き更新でよろしいですか?」等と確認があるはずです。

皆さんの中にも3ヶ月更新等の経験はありますよね?その契約更新を確認する理由は、有期契約だからです。

では、本題の「無期雇用派遣」はいつ契約更新を確認するかと思いますか?

実は、無期雇用派遣はこれまでの有期契約とは異なり、期間の定めがありません。

もっとわかりやすくいうと「契約更新が無い」のです。つまり、3ヶ月更新等が無いため、派遣契約を切られる心配もありません。

ちなみに、正社員には契約更新がありませんよね?無期雇用派遣は、正社員の性質と類似していると考えてよいでしょう。

基本的には、あなたが退職する意志を示さない限り、派遣契約は継続されるのです。

業界人

契約更新が無いなんて…もっと詳しく知りたいです。教えてください!

業界人

契約更新が無い以外にも、まだまだ特徴があります。これから勉強していきましょう。



■登録型派遣との違いって?


これまでの登録型派遣と何が違うのだろう?と疑問を持った方も多いかと思います。

「登録型派遣」は、派遣会社で面談等を行い簡単に登録できます。もちろん、登録しただけでお給料はもらえませんよね?登録後、派遣社員として派遣先で働いて初めて「雇用関係」が成立し、お給料が発生します。

しかし、「無期雇用派遣」は登録型派遣と違い、そんな簡単なものではありません。
まず、大きな違いは「登録」ではなく「選考と採用」になることです。

この説明では、今一つピンときていないかと思います。

これまで登録型派遣以外のアルバイトや契約社員等で働いた経験がある方は多くいると思います。その時って、履歴書を会社に送り、書類選考がありますよね?さらに、書類選考通過後は、面接がありますよね?

無期雇用派遣は、その流れと全く一緒です。つまり、派遣会社が書類で「選考」し、通過者のみ「面接」が実施され、「採用・不採用」が決まるのです!晴れて採用された時点で、派遣会社と雇用関係が生まれます。

登録型派遣の場合は派遣先で働くことで、派遣会社と雇用関係を結びますが、無期雇用派遣はそれとは違います。

極端な例ですが、無期雇用派遣として採用されれば、派遣先で働いていない場合でもお給料はもらえます。 実際には、そのような例はほとんどないかと思いますが…

「採用」する側の派遣会社はそれだけ厳しい選考をしなければならないということです。
よって、「採用」された無期雇用派遣社員は、派遣会社から「派遣社員のエキスパート」として評価され、期待値の高い人だけがなれる特別なものなのです。

だから、登録型派遣と一緒の考えで無期雇用派遣の選考を受ければ、結果はおのずと表れるでしょう。

無期雇用派遣社員を目指す方は、しっかりと履歴書を作成し、面接に備えることが必要になるのです。

業界人

派遣会社との面接かぁ…これまでと違って派遣先は関係ないんですね。

業界人

そうなんじゃ。派遣会社が採用・不採用を決めるしっかりとした面接なんじゃ。登録型派遣と一緒に考えたらいかんぞ!


無期雇用派遣の特徴

■派遣会社によって何が違うの?


無期雇用派遣社員になれるんだったら、どこの派遣会社でも一緒でしょ?とは思わないでください。 それは、派遣会社によってそれぞれ特色があるためです!

現在は、大手派遣会社を中心に無期雇用派遣の制度が整えられています。

派遣会社

各派遣会社はこれまで登録型派遣として稼働していた派遣社員を、無期雇用派遣社員として他社に奪われる可能性があり、大きなプレッシャーを感じています。そのため、各派遣会社は無期雇用派遣に対して独自の特色を示し、「派遣社員の囲い込み」が進んでいるのです。

要するに、期待値の高い有能な派遣社員は、他社に奪われたくないのです。そのため、各派遣会社は特色がなければ勝ち残ることができません。

例えば、事務未経験者(これまでアパレル業界で販売員をしていた方等)を積極的に無期雇用派遣社員として雇用する等の若年層をターゲットとした特色を出している大手派遣会社もあります。

その他では、優れた事務経験のある方を中心に無期雇用派遣社員として採用する等、派遣社員のこれまでの経験やスキル重視といった大手派遣会社もあります。

今、あなたが置かれている立場や将来性等により、あなたと派遣会社のニーズが合致した派遣会社をしっかりと選ぶことが大切です。このようなことを聞くと、インターネット等で派遣会社の無期雇用派遣に対する情報を調べる必要はありますよね。

この無期雇用派遣のことで、一つ覚えてほしいことがあります。それは、各派遣会社が「無期雇用派遣」と堅苦しい呼び方はしていないことです。

無期雇用派遣に親しみやすい通称名を付けているのです。
これも派遣会社のわかりやすく親しみをもってもらおうとするアピールの一つですよね。


例えば、無期雇用派遣を大手派遣会社は次のように呼んでいます。

大手の無期雇用派遣サービス名称
・テンプスタッフ→ファンタブル
・リクルートスタッフィング→キャリアウィンク
・アデコ→キャリアシード
・スタッフサービス→ミラエール

……と、こんな感じです。たしかに、キャッチーで堅苦しくはないですよね。
こうしたサービス名から、各派遣会社のアピール合戦が始まっているのです。

業界人

どの派遣会社でもいいってことはなさそうですね。自分に合った派遣会社を探したいと思います。

業界人

派遣会社を選ぶのはあなたです。あなたのビジョンとマッチする派遣会社は必ずあるはずです。

業界人

これから各派遣会社は、派遣社員の囲い込みが加速していくじゃろう。
その背景には、少子化の影響で、労働者人口が激減していくことが予想されているからじゃ。



■派遣社員によって何が違うの?


無期雇用派遣になれる派遣社員となれない派遣社員がいます。

誰だって無期雇用派遣社員として内定をもらえれば、嬉しく思いますよね。だって、これまで自分が一生懸命してきたことが評価されたわけですから。

しかし、現実はそれほど甘くはないでしょう。

派遣会社は、派遣求人があってこそです。 そもそも求人がなければ、派遣社員は必要なくなりますし、特に無期雇用派遣社員を採用するメリットはなくなりますよね。

だからこそ、無期雇用派遣を取り入れている派遣会社は大手が中心となっているのです。

派遣会社に登録している派遣社員の中には、事務未経験者の派遣社員もいれば、十年以上の事務経験がある派遣社員もいます。

これまで通り、登録型派遣社員として働きたい方だって多くいますし、みんながみんな無期雇用派遣社員を目指すわけではありません。

そもそも派遣って、「縛られない生活スタイルに合った仕事ライフ」が特徴ですから。

業界人

無期雇用派遣になれない派遣社員がたくさんいることを把握しておいてください。ただし、初めから諦めてはダメですよ。

業界人

無期雇用派遣社員はそれだけ厳しい選考が待っているため、しっかり準備すべきですね!けど、生活スタイルによっては、無期雇用派遣は合わないかもしれませんね。


無期雇用派遣のメリット

■安定した収入があるって本当?


登録型派遣と異なる目玉の一つに、「時給制」ではなく「月給制」になり、安定した収入が見込めるようになったことです。

これを聞いてビックリしませんでしたか!?無期雇用派遣社員になると「時給は卒業」です。

時給制から月給制に変わるため、これまでの派遣のことを考えると不思議な感じがしますよね。月給制ということは、月にもらえるお給料の変動があまりないため、安定した収入が見込めます。これまでにはない「基本給が存在」するからです!

派遣会社

皆さんはお気づきになりましたか?
月給制ということは、すなわち派遣会社によってお給料が根本的に違うってことを!

どこの会社でも給料って違いますよね?派遣会社だって会社です。会社が違えばもちろん給料は違うわけです。

一度、各派遣会社の無期雇用派遣の求人概要を確認してみましょう。

業界人

月給制に変わるって収入も安定しますし、嬉しいですよね。

業界人

これからは安定雇用がどんどん進んでいくでしょうね。月給制はその一歩です。



■交通費が支給されるって本当?


登録型派遣社員のほとんどは交通費の支給がありませんでしたが、無期雇用派遣社員には、きちんと交通費が支給されるようになります

皆さんもご存じのとおり、これまで登録型派遣は、「交通費込みの時給」が主流でした。

無期雇用派遣は月給制になるため、派遣会社の正社員等と同様に交通費が支給される仕組みです。

そういう意味でも、これまで交通費の自己負担で悩みがあった方にとっては、月給制になるうえ、交通費もらえるなんて嬉しい話ですよね。

業界人

交通費負担は派遣社員にとって、切り離せない手痛い失費でした。 改善されることにより、派遣社員にゆとりが生まれるでしょう。

業界人

交通費負担がなくなる分、安定した生活が送れそうですね。



■福利厚生が手厚くなるって本当?


登録型派遣と異なり、派遣会社の正社員と同じ待遇で福利厚生を利用する権利が発生します。

例えば、フィットネスクラブ利用割引や資格取得支援等、充実した福利厚生が利用できます。また、健康診断を無料で受診できることも大きな魅力です。

このように、派遣会社は無期雇用派遣社員の体や心のケアをしっかりとしてくれるのです。

もちろん、派遣会社により福利厚生の中身は異なるため、気になる方は事前に確認しておきましょう。

業界人

交通費負担がなくなる分、安定した生活が送れそうですね。



■スキルアップがしやすいって本当?


無期契約で雇用関係が結ばれる分、しっかりとスキルをつけてもらう必要があるため、手厚い研修等のサービスを受けることができます。

無期雇用派遣社員は、様々な派遣先で働いてもらうことが想定されるため、資格取得の支援はもちろん、スキルアップを目的とした研修等を用意しています。

例えば、パソコンスキルやTOEIC、その他様々な無料研修がありますので、積極的に利用したいですよね。

無期雇用派遣社員に対する派遣会社からの「支援」はあなたのためでもあり、派遣会社のためにもなるのです。

業界人

無期雇用派遣社員のスキルアップは、派遣会社のためにもなるんじゃ。
お互いにメリットがあるというわけじゃな。

業界人

スキルアップできる環境は魅力的ですね。その分、仕事に活かしたいと思います。


無期雇用派遣のデメリット

■簡単には無期雇用派遣になれないって本当?


これまでは自分が希望すれば「登録」してもらうことが安易でしたが、無期雇用派遣ではそうはいきません。

様々なメリットがある無期雇用派遣には、それだけ厳しい「選考」が待っています。

履歴書の書き方一つで、その選考から落とされる方はたくさんいると思います。

特に面接では、あなたがなぜ無期雇用派遣社員になりたいのか、なぜ無数にある派遣会社の中から当社を選んだのか、将来的にどのようなビジョンをもっているのか等、事細かく質問されると予想されます。

事前に面接対策の準備が必要であり、その準備の充実さで結果は大きく変わるでしょう。

例えば、その対策として、実際に無期雇用派遣社員になれた友達等に面接対策についてアドバイスをもらうことも一つです。

面接では、登録型派遣のときの派遣先での「顔合わせ」とは比べものにならないプレッシャーを感じますので、しっかりと準備しておきましょう。

業界人

しっかりと面接対策しておくべきですね!どうせなら後悔ないように取り組みたいと思います。

業界人

競争率は高くなるかと思いますが、それだけ無期雇用派遣には派遣社員を惹きつける魅力があるのです。



■地域によって無期雇用派遣になれないって本当?


実は、無期雇用派遣社員は全国各地では募集していないのです。

無期雇用派遣がスタートし間もないため、多くの派遣会社では主要都市のみを対象に、無期雇用派遣社員を採用しています。

東京、名古屋、大阪等の大都市のみと限定されているのです。

残念ながら、地方によっては無期雇用派遣社員になることができないため、諦める方も多くいます。

もちろん、派遣会社により対象都市は異なりますが、今後、無期雇用派遣が全国的に広がっていくことも十分考えられるため、まずはインターネット等から各派遣会社の情報を集めましょう。

業界人

地域により無期雇用派遣社員になれないため、残念に思う方もいるでしょう。
中には、引越を前提にチャレンジする方もいるため、諦める必要はありません。



■仕事を選びにくくなるって本当?


これまでの登録型派遣とは異なり、仕事を選ぶ権利は失われます

登録型派遣では、自分が働きたいと思った派遣先を選ぶことができました。しかし、無期雇用派遣では、派遣会社からの指示により派遣先が選ばれるのです。

もちろん、希望職種や希望勤務地等について事前に確認はありますが、希望通りにならないことも想定できますので、心の準備はしておいてください。

経理事務をしたいと思っていても、営業事務に配属されることだってありますし、もしかすると営業職として配属されることだってあるでしょう。

しかし、希望職種とは違っていても、新しい職種を経験することで、新たな道が開けてくるかもしれません。

そのような経験は、無期雇用派遣社員のあなたの価値を高めることに間違いありません。

業界人

派遣会社は、様々な派遣先で活躍できる無期雇用派遣社員を育てたいと思っています。あなたにとってもマイナスにはならないでしょう。

業界人

自分の経験を活かしつつ、幅広く活躍できる無期雇用派遣社員になりたいと思います。



■自由が効かなくなるって本当?


派遣会社と無期雇用派遣社員として雇用関係が生まれた時点で、登録型派遣の特徴である「自由」が失われます。

自由って何だろう?と思った方もいるかと思います。

少し悪い言い方にはなりますが、登録型派遣では仕事は簡単にやめることができました。

例えば、3ヶ月更新の派遣先で働き始めお金が貯まったら、一旦仕事を辞めて趣味の旅行に行くことだってできました。それからまた別の派遣先で働けばいいだけですから。

無期雇用派遣で働くとそうはいきません。場合によっては、働く派遣先が無い場合は、
派遣会社の内勤のヘルプを頼まれるかもしれません。

それだけ無期雇用派遣社員は、自由が無くなってしまうのです。

自由を失うといっても、有給やGW、年末年始等の休みは失いませんので、安心してくださいね。

業界人

登録型派遣とは仕事に対する責任が違いますね。その分、やりがいがありそうです。

業界人

新しい自分を見つけるチャンスでもあります。そのチャンスを生かすも殺すもあなた次第です!


まとめ

無期雇用派遣社員になると、これまでの派遣社員の働き方や生活スタイルが大きく変わります。

その分、メリットやデメリットがありますが、派遣会社や派遣先にとって無期雇用派遣の期待値は高いのは事実です。

無期雇用派遣社員として働く新しいスタイルは、今後の派遣業界を大きく左右していくことになり、その土台作りが今始まっているのです。

登録型派遣と無期雇用派遣、どちらが自分に合っているかは人それぞれです。

無期雇用派遣社員は、登録型派遣のような自由さは失いますが、月給制や交通費支給等を含め仕事に対する責任が増えます。その高い責任感をもつことで、派遣会社を代表し派遣先で勤務するため、これまで以上に疲れることもあるかと思います。

しかし、安定した給料をもらい、仕事に対するやりがいやモチベーションを維持し、派遣会社や派遣先に貢献していきたい方には無期雇用派遣はおすすめです。

登録型派遣で働いているけど、心のどこかで少しでも不安な気持ちをもっている方等は、無期雇用派遣を検討してみてください。

もちろん、選考を受けた結果、登録型派遣のほうが自分に合っていると思った方は辞退してもかまいません。その辞退によって、あなたの登録型派遣に影響することはありませんから。

無期雇用派遣という新しい選択肢が増えたことは、少なからず派遣社員にとって有益であり、今後の幅広い活躍が期待できるものと考えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP