派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 【派遣あるある】条件に合わない仕事に応募をする派遣スタッフたち

【派遣あるある】条件に合わない仕事に応募をする派遣スタッフたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

人材派遣の仕事を探す時は、そのほとんどが自己判断で決めることが多いと言われています。時には派遣会社のコーディネーターから良い求人があればオススメされることもあるでしょうか。

しかしながら、客観的に誰が見ても「ちょっと合っていないのでは・・」と思わざるを得ないあきらかにほど遠い仕事を選んでしまう人も多いのが現実です。


ここでは、派遣の仕事に就きたい一心で合っていない仕事を選んでしまった時や、本当にやりたい仕事に就くにはどうしたらいいのか検証してみましょう。

実録?!本当に存在した勘違い派遣登録!

◆エクセルの使い方知らない30代女性!

最近では、派遣でもエクセルのスキルも基本操作くらいは出来て当たり前なので、求人にもわざわざ書くことは少なくなりました。特別な関数やマクロなどを使う時には詳細に書かれていることが多いと言えます。

ここで怯むことなく応募してくるのが入力スキルはおろか、そもそもエクセルの使い方すら知らない派遣登録の30代女性なんです。

20代登録者の新鮮さも持ち合わせていないにもかかわらず、エクセルのスキルもお粗末なもので、教わればいいという身勝手な考えでぐいぐいと押してきます。


◆どうしても仕事が欲しい?!手あたり次第応募する

派遣登録時に自宅から近い就業先を希望していたにもかかわらず、切羽詰まってきたのか自宅からかなり遠い求人を選ぶ人がいます。

早く決めたいが故に手あたり次第応募していくと、希望する派遣労働条件を大幅に変更することになります。少々の妥協は必要ですが、物理的な条件の妥協は誰も幸せになりません。

無理をして自分の身を削って早々に退職をしなければならず、本末転倒です。


◆本当は無口!わざと明るく振る舞う20代女性

派遣の面談を通過してどうしても仕事の紹介を受けたいがためにかなり無理をして自分を偽ってくる派遣登録20代の女性がいます。

本当は物静かであまり進んでコミュニケーションをとる方ではないのに、早く派遣の仕事を紹介してもらいたい一心でわざと明るく振る舞いコーディネーターの心象を良くしようとします。職歴があまりない20代がゆえに、会話がはずめば派遣の仕事がもらえると勘違いをしてくるのです。


◆第二新卒者が夢見るイベント企画系とは?!

卒就活で玉砕してもまだ懲りず、学生気分が抜け切れていない第二新卒者によく見受けられるのが、なにかの企画がしたいという大雑把な希望を出してくることでしょうか。

サプライズを企画するのが得意だからイベント会社とか、楽しいと感じる事を仕事に結び付けてくる職業理解が浅い人に見られがちです。


◆なぜ無理をして身の程知らずの派遣の仕事を希望するのか?!

派遣の仕事を選ぶ時に必ずやっておかなければならないのが自己分析です。自己分析がきちんと行われていないことから自分の実力を理解できないまま仕事を選ぶことになります。

要するに自分を客観視出来ていないので、この仕事ならできるだろうというタカをくくった状態になってしまうのです。このように身の程知らずの仕事を求め、派遣の仕事をなめてかかると仕事も定着しないのです。

合っていない派遣の仕事にありついた結果…

たとえごり押しして合っていない派遣の仕事にありつけたとしても、長続きしないことは容易に想像できます。当然、派遣先からは求める人物とは違うということで、派遣会社にクレームが入ることは間違いないでしょう。

就業期間満了を待たずして強制終了となり派遣会社に送還され、その派遣会社からの紹介はほぼ絶望的と言えるでしょう。

無理強いして就業できたとしても、結局傷つくのは自分なのです。

間違った派遣の仕事を選ばないための秘策3選

◆自己分析に励む

自己分析の基本として過去の自分を掘り下げてみることをおススメします。
過去に経験したことからなにが向いているかを見つけ出しておきましょう。

さらには「出来ること」と「やりたいこと」は違うということを理解しておくことで職業理解に繋がっていきます。


◆自分のやりたいことを重視して

派遣の仕事を自分に合ったものにするには「自分のやりたいことWant」と「派遣先から求められていることMust」を明確にしておくことが大切だと言えるでしょう。

例えばやりたいことが明確であっても、企業の求める人物像が分かっていないとミスマッチングを引き起こしてしまいます。さらにここに「自分のできることCan」が加わることでマッチングが完成するのです。


◆派遣会社側から合わない案件を打診されたら断る

派遣会社も当然のことながら利益を出さないといけないので、どうしても数字が欲しい時には迷わず派遣先に送り込みます。ブラック案件を派遣スタッフ自身が合っていないと感じていようが、全力で説得に当たります。

派遣会社の都合で合わない案件を紹介された時には、きちんとお断りをしておきましょう。

まとめ

派遣の仕事選びは無理をして自分を偽っていても決して良い事はありません。むしろ不都合なことばかり発生します。自分に合った仕事を見つけるためにはまずは自分を知ることから始めていきましょう。

さらに、どんな仕事も楽しいと感じる事ができればそれがやりたい仕事に変わります。やりたいことが見つからないとき、まずは目の前の「すべきこと」に必死で取り組みましょう。

汗を流して身に着けた経験はこの先の仕事選びを明確にしてくれるでしょう。

★ 業界人がオススメする派遣会社 ★★ オススメ派遣会社 ★

『派遣会社なんてどこに登録しても同じ』なんて思っていませんか?

派遣会社は規模の大きさはもちろん、社風や風土によって大きく違います。
自分に合う派遣会社を選ぶことで納得できる仕事を紹介してもらえると思いますので、
しっかりと派遣会社を選ぶようにしてください。

働き始めてから「この派遣会社に登録をして失敗した!」なんてことがないように、
自信をもってオススメできる派遣会社を下記に紹介しておきます。

■ オススメの派遣会社はこちら >

オススメする派遣会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP