派遣会社チェキホーム > 派遣会社コラム一覧 > 50代で派遣登録しても紹介されない!?派遣会社の裏事情

50代で派遣登録しても紹介されない!?派遣会社の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
派遣会社コラム写真

「50代なんですけど派遣で働けますか?」
「登録しても全然紹介されないんですけど何でですか?」


という質問を受けることが最近増えてきました。

実際に50代以上の方が派遣会社に登録したら本当に仕事を紹介されるのか…
意外と知られていない派遣会社の裏側をお話したいと思います。
(リアルに書いていますので、表現がキツイかもしれません)




まず、50代が派遣登録したら紹介されるのかという点ですが、
紹介されることは殆どないと考えた方が良いでしょう。

もちろん、その方の経歴や仕事内容によっては紹介されることはあります。
しかし、20代~40代が応募できるような仕事(人気がありそうな仕事)にエントリーしてもほぼほぼ書類が通過することはありません。


厳しいかもしれませんが、これが現実です。


では、派遣で働きたい50代はどうしたら良いのか?
派遣会社側と企業側の考えを交えながらお話していきます。


派遣会社は年齢でバッサリ切り落とす!

仮に50代の方が登録した時に派遣会社側がどんな反応をするかというと…


ハタラクティブハケンインタビュアー

この人じゃ…紹介できる仕事はいくら経っても出てこないわね。登録会の面談では「ちょっと今、紹介できる仕事がないので、入ったら紹介しますね!」といって切り抜けよう。


ハタラクティブハケンインタビュアー

う~ん。50代か…まぁ経歴もある程度しっかりしているけど、派遣先に紹介しづらいから優先度は下げよう。派遣先からの評価もあるし、若い年齢を優先しよう。


実際こんな感じです。
年齢で差別をしているつもりはないのですが、派遣会社の営業マンもサラリーマンですから結果を残さなければいけません。ですから他社に負けないようにできるだけ若い人を派遣したいのです。

ただ、派遣会社側はそういった事は本人には直接伝えません。
「登録した時に1件も仕事を紹介されなかった」というのは典型的な形で、地域や条件にもよりますが、紹介できる仕事が1件もないなんてことはありえないのです。

案件がない派遣会社があったらとっくに潰れています。


登録して1週間以上紹介されない時は、「もう紹介してくれないな」と割り切る方が良いでしょう。


派遣先は指揮命令者よりも年下が必須

派遣先の人事はどんな反応をするかというと…


ハタラクティブハケンインタビュアー

え~50代!指揮命令者より20歳近く年上か…。それはさすがに厳しいから、この派遣会社からの紹介はNGにして他の派遣会社からの紹介をまとう。


人事はできるだけ問題を起こしたくないので、指揮命令者よりも上の年齢の派遣スタッフを好みません。

今の時代、1つの仕事に複数の派遣会社に依頼を出すので、何名か会って誰を採用するか決めます。わざわざ50代以上の人を選ぶ必要性がないのです。


人気のない職種・場所は狙い目

50代の人が採用されやすい仕事はないのか?

条件を緩和すると紹介される可能性が広がります。例えば、人が集まりづらい職種、通いづらい場所、社員数が少ない会社など、あまり人気がないような仕事を希望すると多少は紹介されやすくなります。

厳しい環境が多いコールセンターや体力を使う工場のライン、清掃などは比較的50代でも採用されやすいと言われています。

アドバイスとしては『登録時にあまり条件をつけないこと』です。

通える範囲ならどこでもいいし、どんな仕事でもOKですというスタンスだと派遣会社としても紹介しやすくなります。


派遣会社からの評価を上げるには短期単発から

50代の方が登録する際に最も大事なことは「派遣会社の人と仲良くなること」が大切になってきます。

これ、とってもとっても大事です!

派遣会社は取引先に人材を紹介して働いてもらって収益を上げます。
ですから、登録時に微妙だった人を送り込もうとはしません。そういう判断をされた人はブラックリスト化してその先も紹介されないでしょう。

だから派遣会社の社員と仲良く(信頼される)することが大事なんです。


ハタラクティブハケンインタビュアー

○○さんは50代だけど、人当たりがとっても良いから、○○商事に合うかも。担当者にプッシュしてみよう!!


いくら年齢を重ねても「人から好かれるタイプ」は結構仕事を紹介されます。
派遣会社と信頼関係を結べてない人は年齢で判断されてしまうのです。

ちょっとひどいかもしれませんが現実では当たり前の事です。


でもどうやって信頼関係を結べばいいのかというと…
「短期・単発の仕事を積極的に引きうけて、ある程度の評価をもらうこと」が大事です。

実は短期単発の仕事はあまり人気がなく、毎回のように人を集めるのに苦労します。

①まず短期単発を積極的に受ける

②派遣会社から○○さんは積極的に仕事を引き受けてくるから頼れると派遣会社から評価をされる

③○○さんは頼れるし、人柄も良いから長期に仕事を紹介しよう

上手くいけばこんな感じで話が進むこともあるでしょう。

信頼関係を築けるのであれば、どんな方法でも構いませんので、
派遣会社の人から好かれるようにすると驚くほど紹介されやすくなります。


諦めるのも大事

今回の話はあくまでも一般的な50代が事務のような人気の仕事を希望した時の話です。

経験が豊富な方や特定の分野のプロフェッショナルな方などは何歳になってもすぐに仕事が紹介されますし、たとえ派遣期間が終了してもすぐに次の仕事を紹介されるでしょう。

ただ、経験もスキルもない50代の人が普通に登録してもほとんど相手にされないという事実は知っておくべきです。

また人気な事務などを諦めて、介護や清掃などある程度高い年齢層を採用する職種にいくことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP
PAGE TOP